なんとなくとっつきにくい感じがする女性とは、男性も親しくなれないままでいるはずです。

その見えない壁を取り除かないと、いつまでも男性との距離感を埋められなくなってしまうでしょう。

そこで今回は、「とっつきにくい女」だと思われてしまう原因を紹介します。

近づけない…「とっつきにくい女」だと思われてしまう原因

全く「近づいてきてくれない」

同じ職場やクラスにはいるものの、ほとんど近づいてきてくれることがない女性には、男性も気軽には近づけなくなります。

「避けられてるのかな?」なんて思われてしまったら、さらに距離は広がっていくばかりなはず……。

気になっている男性だから、緊張して近づけないというケースもあるのかもしれませんが、下手をすると誤解を生む危険性だってあります。

うまく話せないのであれば、まずは挨拶程度でいいので、とにかく「避けてない」ということは、ちゃんと示したほうがいいですよ。

ほとんど「笑ってくれない」

自分の話を聞いて楽しそうに笑ってくれる女性のことは、それだけで男性は好印象を持つものです。

話していて楽しい相手でもあるでしょうし、センスや価値観が近い感じがしたりもするでしょう。

逆に、話していてもあまり笑顔を見せてくれない女性とは、「また話したい」とは思えなくなるはず……。

まずは「話しかけたくなる女性」になるのはとても重要なポイントなので、男性がおもしろいことを言ったときなどには、ちょっと大きめに笑うくらいのリアクションを取るといいかもしれません。

「事務的」に接してくる

上司や先輩の男性から話しかけられたりしたら、敬意を払って丁寧に接するものでしょう。

ただ、いつまで経っても硬い口調で、事務的な感じで接して来られると、男性としてもなかなか距離を縮められないはず……。

真面目なのは悪いことではないですが、真面目すぎるとどうしてもとっつきにくさは出てしまいます。

ときにはちょっと砕けた感じを出したり、軽く冗談を言ってみたりすると、きっと男性も気さくにあなたに声をかけられるようになりますよ。

他人に「厳しい」

他人に「厳しい」

自分の信念や考えをしっかりと持っている女性はカッコ良く見えるものですが、その思いがあまりにも強すぎると、ちょっと近づきにくさが出てしまうかもしれません。

自分だけではなく、他人にも厳しく接しているところを目にすることが多いと、男性だって恐怖心を抱いたりするものです。

また、ダメ出しや批判をすることが多い女性も、男性は苦手に感じるものなので、「あまり関わりたくないな」と思ったりもするでしょう。

厳しい面だけではないということも見せるようにすれば、ギャップを感じてくれる可能性もあるので、意識しておいたほうがいいですよ。

おわりに

ちょっとしたことで、男性に与える印象というのは変わっていくものです。

話しかけやすさや、近づきやすさを感じさせることができれば、一気に仲良くなれる可能性も高いですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

>>【あわせて読みたい】脈ナシだなあ…男子が思う女子の「やめたほうがいい」NG言動