「婚活」は結婚することを目的としているので、ただ闇雲に動くよりも、計画性を持つことも重要になってきます。

ただ恋愛をするというよりも、結婚へ向かっていけるように、考えなければいけない部分もあるでしょう。

そこで今回は、「婚活」をする上での大事なポイントを紹介します。

まずはここから!「婚活」をする上での大事なポイント

「待ちの姿勢」ではいない

「婚活」を始めると決めたからには、ずっと「待ちの姿勢」でいるのはやめるべきです。

出会いの数を少しずつでも増やしたほうが、結婚へのチャンスも当然広がっていくでしょう。

「運命の相手に出会えたらな」と誰もが思うでしょうが、その運命が自然と転がってくるなんてことはなかなかないはず……。

現状で恋愛が起こりそうにもないのなら、新しい出会いを求めて動き出すことが、状況を変える大きな一歩になるでしょう。

客観的に自分を「分析する」

真剣に結婚へと向かっていくためには、自分のことを客観的に分析することも大事。

何がストロングポイントで、どこが欠けているのか、恋愛においては何が足りないのかなど、じっくりと考えてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

自分では冷静に自己分析ができないのなら、信頼できる友人などに意見を聞いてみるのもアリです。

何も考えずに無闇やたらと「婚活」をするよりも、より明確に具体性を持って、動けるようにもなるでしょう。

ある程度は「条件」をしぼる

どういった男性を夫にしたいのか、結婚に何を求めているのかなどを、考えることはとても大切。

でも、条件をいくつも出しすぎると、その分だけハードルもどんどんと高くなっていく一方です。

それはイコール、結婚できる確率を下げてしまうことにもつながるので、ある程度は条件をしぼったほうがいいでしょう。

あれもこれもではなく、「これだけは譲れない」というポイントをいくつか挙げるようにすると、本当に求めている相手を見つけやすくなりますよ。

「ダラダラ」とはしない

「ダラダラ」とはしない

「婚活」は結婚をすることが目的であるので、そこに向かえていないと感じたら、見切りをつける決断力も必要です。

「この人とは結婚はできないかも」と感じたり、相手が結婚をする気があまりないように見えたりした場合には、終わりにしたほうがいいかもしれません。

そこで情を見せてダラダラと付き合ってしまうと、結婚からは遠ざかることになる危険性も大。

結婚をちゃんと意識してくれているのか、相手の動向をチェックすることも大事ですし、状況に応じてはきちんと話し合うことも必要ですよ。

おわりに

「結婚したい」と思っているだけでは、なかなかうまくはいかないかもしれません。

自分から積極的に動くことも、出会いやチャンスを広げる大きなきっかけになるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

>>【おすすめの関連記事】結婚相手は早めに見極める!将来性のある男子の特徴