大好きな彼には、絶対長く愛されたい!と思いますよね。実は、長く愛される女子は、彼氏の前で適度に「ダメなふり」をして、彼の遊び心を上手にくすぐるのが得意です。

今回は、そんな「ダメなふり」が上手い「愛され女子」の裏オモテについて解説いたします。

長く愛されること確実!「ダメなふり」が上手い女子の裏オモテ

①ふざけ方がもはや小学生男子レベル

ダメなふりが上手く彼氏に長く愛される女子は、普段から小学生男子レベルでふざけることができます。

たとえば、子ども向けアニメキャラのマネをしたり、トイレ関係のネタでゲラゲラ笑って大喜びしたりなどです。

男性は、いまだに童心を忘れていない自分=自分らしい自分、だと考えているので、彼女が一緒に馬鹿げたことをやってくれると安心し、素の自分が受け入れられている気がするのです。

プライドを捨てて一度こんなおふざけをやってみると、彼氏が「バカだな~」と言いつつ楽しそうにツッコンでくれるはずです。

ただし、人前ではやめてほしいと思う男性もいるので、そこは注意しましょう。

②自分の失敗を面白トークに変換

ダメなふりが上手く彼氏に長く愛される女子は、何か失敗したら、それをあえて面白トークに変換。笑える演出をすることができます。

たとえば、インスタグラムにUPされていたお洒落スイーツを真似して自分が作ったら、グチャグチャになってしまった……と写真付きで彼に送るなどです。

彼女の失敗は、彼氏として心配になることやドン引きすることもありますが、そんな気持ちを凌駕する「面白さ」があれば、彼は「一緒にいて楽しい」と思う気持ちが強くなります。

とはいえ、いつも笑える失敗ばかりを故意に起こすのには無理があります。

真面目な面や賢い面などを普段見せておき、たまにスパイスとして投入すると、メリハリが付いて◎。

③ダメキャラで失敗した彼をフォロー

③ダメキャラで失敗した彼をフォロー

ダメなふりが上手く彼氏に長く愛される女子は、失敗した彼のフォローが得意です。

たとえば、彼が友人との会話で「ある国の首都」を間違えたとします。彼が間違いを指摘され、ちょっと顔を赤らめているところ、その場にいたあなたが、

「私なんか大阪府を大阪県だと思っていたよ」

とさらにダメなふりをしてフォローするなどです。彼は「自分をフォローしつつ場を和ませてくれた彼女」に愛と優しさを感じ、手放したくなくなるのです。

彼のとっさのピンチのために、普段から「どんなダメなネタをひねり出せるか」を考えておくのをオススメします。

④意外にも自虐ネタは絶対にNG

ダメなふりが上手く彼氏に長く愛される女子は、意外にも自分は「自虐ネタを絶対にNG」としていることが多いです。

たとえば、「自分はバカだから」とか「自分はかわいくないから」という表現は絶対に使いません。相手がどう反応していいか困ってしまいますし、卑屈になっているように思われると場の雰囲気を壊してしまうからです。

失敗談を語る時なども、たまたま失敗したことを面白く見せる……ということはしても、いつも失敗しているようなキャラになることは絶対にありません。

彼氏が一緒にいて気分が上がる、誇りに思える……そんな彼女でいようとするからこそ、長く愛されるのです。

本当に頭が悪いと思わせないところがカギ

いかがでしょうか。

ダメなふりが上手いことで彼氏に長く愛されている女子は、本当は頭が良いのです。しかも、彼氏の前で日ごろからスマートさを発揮していて、たまに「ダメなふり」をして、彼氏を安心させるという作戦なのです。

男性にとって、本当にダメな女子は恋愛対象外です。理解力がない=自分をわかってもらえない、頭の回転が遅い=進歩したい自分と二人三脚できない……などのデメリットを感じるからです。

この記事をヒントにダメなふりをして愛され彼女になろうとする女子は、本当に頭が悪いと思わせないよう、気をつけましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

>>【ちょっとの工夫で変わる!】ずっと仲良しカップルでいられる方法