べったりした恋愛が好きな男子もいます。ですが、実際彼女がべったりしすぎると飽きたり距離を置いたり……。

そう、何事も彼の望んでいる程度を超えないほうが長く愛されます。

できれば、彼よりもちょとドライなほうが追われる構図になりやすいので続きやすいです。

そこで今回は、愛されるほどよいドライさについてご紹介します。

誰にでも好かれる、愛され女子の「ほどよいドライさ」って?

彼のLINEの回数を超えない

LINEのトーク画面を見た時、あなたばかり彼に送っていたり、あなたばかり長文だったりとバランスが悪いのならちょっと控えたほうがいいです。

彼的に負担にはなっていなくても、『愛されてる』と安心しきります。そうなると追うことはまずないのでね。

追わない状態だとあなたのために時間を作ろうとする気持ち、喜ばせようとする気持ちも弱くなりやすいです。

あとは長々とLINEをしようとしないほうが、飽きられにくいです。キリのいいところであなたから切り上げたほうが◎。

お腹いっぱいにさせるのではなく、若干物足りないくらいにしておいたほうが興味をひき続けられます。

気にかけたり心配しても詮索はしない

彼のことを気にかけたり心配しても、過剰に詮索はしないことです。

毎回、どこで・誰と・何をしていたのかを細かく聞くと、束縛されいてる感じがして心地悪く感じることも。そうなると愛情も薄れたりしますからね……。

例えば、彼が飲み会なら「飲みすぎないようにね♪」と気にかけても「誰と飲んでるの?写真送って」などは言わないこと。

確かに過去浮気をしたことがあるのなら疑ってもいいですが、そうじゃないのなら全て報告させなくてもいいかと。

無理やり彼の全てを知ろうとすると、関係ってあっという間に壊れますからね。

時間とともに嫌でも自然に彼のことを知っていくんです。急いで全てを知ろうとしないほうがいいですよ。

彼の彼女だけど完全に彼のモノにならない

彼の彼女だけど完全に彼のモノにならない

彼の彼女だけど完全に彼だけのモノにならないほうがいいです。

人にもよりますが、危険も不安も一切ない!となると、彼女の大切さを忘れやすいですからね。

安心感や信頼感がありつつも、「変に気を抜いたり雑に扱ったり、ひどいことをしたら彼女は離れるかもしれない」という危機感や「友達付き合いも多いから他の男子に狙われているかも」という不安は少しあったほうがいいです。

「完全に俺だけの女!」と思わせると、安心感からよそ見をする余裕が出てきて浮気しちゃう男子もいるので。

>>【あわせて読みたい】男性を虜にする!美人じゃなくてもモテる女子って?

多少のドライさは必要

のめり込むほどの恋愛って楽しいですが、実際にのめり込むんでしまうと苦しくなるばかり……。

自分が夢中になるのではなく、彼に夢中になってもらうほうがいいですよ。

そのためにもべったりしやすい女子は多少のドライさは必要になります。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)