午年AB型女性×未年O型男性

最新のトレンドに目を光らせ、常におしゃれでいられるよう努力している女性は多いもの。

しかし、そんな努力もいざ知らず「ちょいダサめ女子」を支持する男性は少なからずいるようです。

今後のファッションを考えるうえでも参考にしたい男性の意見を、いくつかご紹介します。

「ちょいダサめ女子」がモテる3つの理由

一途に愛してくれそう

「常に流行を追ってる子って、次から次へと気が変わりやすいイメージがあって。自分もあっという間に飽きられちゃうんじゃないかって、怖くなります。
物にしても人付き合いにしても、ちょいダサめな子の方が飽きずに大切にしてくれそう」(25歳/公務員)

目まぐるしいスピードで変化していく、トレンド。

最先端についていくには、瞬発力や古いファッションを手放す決断力が不可欠です。

しかし男性にとってみると、時としてその能力が脅威に感じられてしまうことも。

ただ流行を追うだけでなく、ハイセンスで良質なものを長く使うなど「使い捨てでないファッション」をアピールするのが有効かもしれません。

経済的に安心感がある

「まだ全然着れるのに『これは形が古い』とか言って、すぐ古い服を捨てては新しい服を買う姉がいます。何が違うのかわからないし、貯金も全然ないみたい。
その反動で、俺は流行を追わず物を大事にするタイプの子と付き合ってます」(24歳/医療事務)

流行をキャッチするセンスの良さよりも、経済的なセンスの良さを重要視する男性もいます。

次から次へとトレンドのものにお金をつぎ込んでいると、「この子お金かかりそう」とちょっと引き気味になってしまうのかも。

おしゃれを浪費と見られてしまわないよう、着ない服はフリマに出したり、買う服の適正量を考えたりしてみましょう。

自分らしいスタイルを貫く安定感がある

自分らしいスタイルを貫く安定感がある

「ちょいダサめって聞こえは悪いけど、別に流行を知らない訳じゃなくて敢えて流行に乗らないことを選んでる子だと思ってます。
俺の彼女はまさにそれ。自分をよく知っている感じで、一緒にいると安心できます」(27歳/不動産営業)

精神的に安定している女性は、一緒にいて安心感があるもの。

例えトレンドとは違ったファッションでも、内面からにじみ出る安定感が男性たちを惹きつけるのです。

逆に、いくらトレンドのファッションをしていても、自分に似合っていないものであれば周囲も違和感をキャッチしてしまいます。

自分に似合うものや、自分が本当に好きなものを見極めたうえで、トレンドを取り入れたいものですね。

「ちょいダサめ」は安定感の表れ

「ちょいダサめ」な見た目は、内面的な安定感の表れと解釈される傾向があるようです。

トレンドを取り入れることは決して悪いことではありませんが、常に新しいものを求めすぎて残念なことをしていませんか?

自分のスタイリングが「浪費」や「使い捨て」と見られてしまわないか考えておきたいものですね。

>>【あわせて読みたい】好感度UP!初デートでおさえたいファッション&トーク

(愛カツ編集部)