基本的に「構ってちゃん」と聞くと、あまり良い印象を持たず、面倒くさい人と感じることが多いのではないでしょうか?

ですが、恋人や好きな相手に対しては、寂しさから「構って構って」と言いたくなるのも女心。

>>【まずは診断】10の質問でわかる!あなたの寂しがりや度診断

どこら辺までなら男子が「可愛いなぁ」と許してくれるのかリサーチしてみました。

重い?可愛い?男子が許せる「構ってちゃん」ボーダーライン

構ってモードが週1回以下

「週に1回くらいなら、構って構って言ってきても別に大丈夫です。
こういうのって、頻度の問題な気がしますね。

毎日毎日甘えて来られるとウザくなっちゃいますけど、たまにだと嬉しいっていう。
週に1回くらいまでなら許せそう」(25歳/ゲーム)

毎日LINEで「何してるの?」「返事ちょうだい」とか送っていると面倒な子だと思われてしまいますが、この男性のように週1回以下なら許してくれるという人もいます。

もちろんこの頻度に関しては個人差があるので、ちょっとずつ相手の反応を探りながら、ウザがられない頻度を探っていきましょう。

普段は仕事などに集中している

「日常生活に支障がでなければ良いのでは?
僕の場合は、仕事中とかまで甘えてくる子は『仕事しろよ』って思ってイラッとします。

仕事はちゃんとこなして、その上で2人きりのときは、構ってモードとかなら全然許せます」(25歳/IT)

仕事に関しては、線引きをしっかり持っていないと無理だ、という男性も多いですよ。

こういうタイプの人は、自分の仕事時間を邪魔されたくないというだけでなく、女性に対しても仕事をしっかりすることを求めています。

一生懸命仕事に熱中していれば、その姿が男性に良い印象を持ってもらえますし、その仕事に集中している時間は、寂しさを感じにくくなるので一石二鳥かもしれませんよ。

一緒にいるときだけ構ってちゃん

「LINEとかで構ってアピールしてくると困る。
近くにいる分には、いくらでも構ってって言ってきても良いけど……。

だって、どうしたら良いのかわからないじゃないですか?」(36歳/ゲーム)

LINEや電話などで、近くにいないのに構ってアピールをされるのが苦手、という男性もいるんですね。

確かに、近くにいれば抱きしめたりキスしたりもできますが、LINE上で構ってアピールをされても、どうしていいか困惑する男性も多いようです。

構ってもらうのは、一緒にいるときだけと割り切って行動した方が、彼の精神的な負担も少なくなるでしょう。

男のプライベートを理解している

男のプライベートを理解している

「構って欲しいのは基本的には可愛いと思いますけど、自分のプライベートに干渉して来たら即アウト。
男って自分のプライベートに立ち入られると無理ってやつ多いと思います。

こちらの気持ちや状況を考えずに、いつでも構ってって言ってくるのは、タダのわがままですよね」(36歳/自動車)

きっと女性の場合でも、彼氏から四六時中付きまとわれたり、LINEで連絡が来たりしたら「少し放っておいて」と思うこともあるのではないでしょうか。

男性の場合は、こういう一人になりたい時間が長かったり、多かったりする場合が多々ありますので、それを邪魔しないように注意が必要です。

おわりに

男性にとって、可愛い構ってちゃんとウザい構ってちゃんの、ボーダーラインが見えてきたでしょうか?

もちろん何にでも個人差はあるので、相手をしっかり見定める目も必要ですよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)