「気になる彼はいるけど、どうやったら仲良くなれるの……?」と、彼への近づき方や恋愛につなげる方法に頭を悩ませ苦戦している女子もいるはず。

彼との距離を縮める方法は色々とありますが、特にデートの誘い方に悩んでいる女子も多いのでは?

そこで今回は、気になる男性を気軽にデートに誘うコツをご紹介します。

気になる男性を気軽にデートに誘うコツ3つ

誘うタイングはかなり大事!

デートに誘うタイミングはかなり大事です。

だって、超絶忙しい時期に誘っても高確率で断られるし、彼に彼女がいる時に誘っても「彼女いるから二人きりは……」と断られる可能性大。

とはいえ、同じ学校や会社じゃないと、彼の忙しさや彼女の有無ってそうわからないですよね。

そんな時は、直接彼に忙しいかどうかを聞くのもアリだし、彼のSNSを覗いてログインや更新頻度、投稿の内容で忙しさをはかるのもいいでしょう。

特に、普段こまめに更新している人が何日も更新していないとか、投稿はしなくても1日に何回かログインする人がログインしていないのなら忙しい状況である可能性が。

もちろん、いきなり誘うのも良いですが、「忙しいから、ごめん」と断られてへこむのが想像がつくのなら、彼をデートに誘うタイミングがどうか探りをれてから誘う方が良いでしょう。

片思いなら何かを口実に誘う

デートに誘う時、誘い方も大事なのですが、二人の状態も大事なんですよね。

あなたの片思い状態なのに、「週末、よかったら食事いきませんか?」と急に誘ったら彼もびっくりすると思います。

イエス・ノーではなく、普通に「え?なんで?」と、お誘いに質問で返されてしまうかもしれません。

もしあなたの片思いの可能性が高いなら、何かを口実に気軽に誘った方が断られにくいはず。

例えば、「来週の金曜、仕事で〇〇さんの会社の近くに行くんです。よかったら夜、軽く飲みませんか?久々に〇〇さんと話したいなと思って」とライトに誘った方が重くないし、彼もOKもしやすいです。

両想いならカップルみたいなデートの提案でもOK

関係性に合わせて内容を変えよう!

片思いではなく、頻繁にLINEをしたり、会社でもよく声をかけてくれたり、『ちょっと彼もこっちに気があるな……』と思うのであれば、普通に「週末何してますか?よかったら映画を観に行きません?」と誘ってもいいかも。

ある程度お互いが気になっている場合は、デートぽく誘った方が距離が縮まりやすいです。

付き合ってもいないし、まだデートもしていないけど、お互い意識している時期ってありませんか?

そういう時期は、彼に誘われるのを待つのではなく、自分から誘いましょう。

彼も『片思いじゃなかったんだ!』と安心するし、告白する勇気も出たりしますから。

彼女の座も狙える!

嫌われていないということが大前提ですが、誘うタイミングと誘い方さえ間違わなければ、意外とデートができたりします。

恥ずかしがらずにデートに誘ってみましょう。もしかしたら彼女の座もいけるかも!?

(美佳/ライター)

>>【あわせて読みたい】次も誘うね♡「デートするのが楽しみになる」女子の特徴

(愛カツ編集部)