もしもあなたが年下男子を好きになってしまったとすれば、どうしますか?

きっと同年代や年上男子に比べて、何となく引け目を感じてしまいアクションを起こしにくいと感じるかもしれませんね。

でも、やりようによっては“年下ウケ”をグンとよくすることができるのです。

そこで今回は、「年下男子にモテまくる秘密の心理テクニック」をご紹介いたします。

年下男子が「あなたを好きになる」必殺テクニック

アドバイスするより責任を持たせる

先輩として年下男子と接していると、やはり至らないと感じる部分が目についてしまいますよね。

気になるのはわかりますが、ことあるごとに世話を焼かれるのは、彼の心境としては監視されているような気分になってしまいます。

それよりは、明確に「ここからここまではお願いね♡」という権限をもたせ、「頼りにしてるよ!」と期待感を薄く示して結果を待ちましょう。

ひとりの男として頼られているさという自信に繋がり、モチベーションも上がって好意を抱かれるはず。

ときには自分の短所をさらけ出す

どうしても自分が年上だと、相手よりもお姉さんだという意識からか、甘えさせることはできても甘えることはできなくなりがちですよね。

年下男子の前ではしっかりしていたいという気持ちはわかりますが、その思いは“壁”となって彼とのコミュニケーションの妨げになることも。

むしろ、包み隠さず自分の苦手なことやダメなところを見せたほうが、心を開いている印象が強くなり、愛着を持ちやすくなります。

「あ、先輩可愛い……」と思ってもらえればしめたものです。

努力している姿勢をほめる

もしもあなたに気になる年下男子がいる場合は、ほめ方を大切にしてみましょう。

上手にほめることで、あなたの印象までも高める心理テクニックがあります。

それは、ある出来事1回の結果をほめるよりも、相手の結果に至るまでのプロセスや努力をほめるということ。

そうすれば彼は、ほめてくれたあなたに好印象を抱く結果になるでしょう。

あなたが先輩の立場なら、彼の努力をほめるようにしてみて。きっと彼はあなたのことを理解者だと認識し、懐いてくれるはず。

図々しさのない気配りで母性をアピール

図々しさのない気配りで母性をアピール

年下男子の彼への対応は、「ほどほど」が一番。その理由は2つあります。

まず、最初からかいがいしくお世話をしてしまうと後が続かないからです。

2つ目は、大人の女の母性を感じさせることがポイントであるからです。

グイグイ姉御肌なところを見せるよりも、相手が欲しているものを見抜いてさりげなく与えるくらいがちょうどいいのです。

そうすると彼は一人になった時、あなたの優しさをジーンと噛み締めることでしょう。

そんなあなたの気配りと優しさに、どんなタイプの年下男子でもコロッと落ちてしまうことでしょう。

あなたがいなくても、あなたの存在を感じさせることができる、これが一番のテクなのです。

おわりに

年下男子は弟のように可愛く、つい自分がしっかりしなければ!と思いがちですが、彼らも男性です。

年上女性にはもちろん甘えたい気持ちも持っていますが、彼らも男性です。やっぱり好きな女性には、頼りにされたいもの。

年下男子に女性として意識してもらうには、この「甘えさせる」部分と「彼らを頼りにする」部分の両方をバランスよく使うことが大事でしょう。

みなさんもこの二つを駆使して、気になる彼を意識させてみてはいかがでしょうか。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)