好きな人だけに特別な行動をとってしまうことってありませんか?

自分では意識していないけれど、他人に指摘されて初めて気がつくこともあるはず。それは男性も同じです。

男性だって好きな人にだけにする特別な行動があります。それが分かれば脈アリサインを見抜くことができるというわけ。

そこで今回は、男性が惚れた女性だけにする言動をご紹介します。

バレバレです!男性が惚れた女性にだけする言動

多少の無理は聞いてくれる

「好きな人から言われたことはなるべく聞いてしまいます。例えば、『来週の日曜空いてる?』って言われると、本当は男友達と遊ぶ予定が入っていても、好きな人とのデートを優先させちゃいます」(Kさん・28歳男性)

この他にも、「会いたい」と言われると、「無理をしてでも会いに行っちゃう」という人がいたり、「金欠でもデートの食事代はおごっちゃう」という人など様々。

無理が通るということは、それだけ相手が本気である証拠というわけです。

他の男性と話している姿に嫉妬

「彼女と他の男が話している姿を見るとやっぱり嫉妬しちゃう。『あいつ誰?』とか言っちゃいます。付き合っていなくてもちょっと不機嫌になってしまって、『何で怒ってるの?』って言われたことあります」(Yさん・27歳男性)

好きな人が他の異性と話しているところを目撃してしまうと、嫉妬してしまう男性もいました。

特に楽しそうに話をしていると、ふられたような気分になってしまうのだとか。

そのため、一時的にツンツンモードに突入する様子。

理由もないのに男性が不機嫌だった場合、その直前に他の男性と話をしていなかったか思い返してみてください。

本気で怒らない

本気で怒らない

「好きな人には本気では怒ることはできないですね。惚れた弱みってやつなんでしょう。

例えば、予定をすっぽかされても『ごめ~ん。寝ちゃってた~』とか言われると、『今度は気をつけてね』とかいって結局許しちゃいます」(Gさん・26歳男性)

惚れたが負けという言葉があるように、好きな人から酷いことをされても本気で怒ることはなかなかできません。

ポイントは“怒らない”ではなく“本気では怒らない”ということ。

惚れた相手から酷いことをされれば人一倍傷つきますし、もちろん嫌なのですが、結局は「仕方ないな」といって相手を許してしまうというわけです。

>>【おすすめの関連記事】男性が「どうしても付き合いたい」本命にだけすること

少しの時間でも会いたがる

「少しの時間でも会いたくなるっていうのは好きな人だからでしょう。例えば。『2時間しか会えない』って言われても、『それでもいいよ』っていって会いに行くし、デートの帰りであれば、自分は遠回りになっても相手のことを送っていきます」(Yさん・29歳男性)

少しの時間でも会おうとするのは相手のことが好きだから。

例えば、移動に1時間半かかり2時間しか会えず、また1時間半かけて帰ってくるとなると、会おうか考えてしまうはず。

しかし、相手が好きな人であれば、移動時間の方が長くなってもいいと思えるわけです。

本気だからこそ紳士的な行動

今回は男性が惚れた女性にする言動についてご紹介しました。

他にも、好きな女性を家まで送り届けても家の中に入ろうとしない場合、それは本気だからという意見もありました。

軽い男とは思われたくないからこそ、紳士な行動を心がけているわけです。

好きな男性がいる場合、ようく観察してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)