「男性は、女性よりも精神年齢が低い」

これ、聞いたことありませんか?

恋愛においても、幼稚な彼氏に呆れたり、振り回されたりすることは少なくありません。

でも、幼さ残る彼だからこそ好き!という方もきっと多いはずです。

筆者もお子さま彼氏に、悩まされたひとりですので……。

そこで今回は、そんな筆者が考える「お子さま彼氏攻略法」についてご紹介していきたいと思います。

子供っぽい態度を取る彼と上手に付き合っていく秘訣

彼は子供だと言い聞かせる

まず、「彼は子供だ」と心のなかで言い聞かせましょう。

これが、ちょっと幼稚な彼とうまく付き合っていくために、何より大事なポイント。

対等、あるいは自分よりも上の存在と思うからこそ、幼稚さが目についてしまうのです。

特に10代後半~20代前半の男性は、多くの場合まだまだ「お子さま」だと思っていたほうがいいかもしれません。

もちろん例外はありますが、大体の男性がそうですし、実際の年齢がどうであれ、年下と付き合っているつもりでいると、幼稚な言動を受け入れられるようになるはず。

「私は大人のいい女」なんて暗示もおすすめですよ。

ご褒美作戦で彼を誘導

彼がわがままを言ったり、思い通りに動いてくれなかったりしたときは、「一緒に行ってくれたら〇〇するよ!」「〇〇したらおいしいもの食べよ」など……。

ご褒美を与えるような言い方で、誘導するのがおすすめ。

男性(特に若い人)は、「自分だけが損する・我慢する」と思うと、行動する気をなくしてしまいがち……。

反対に、ご褒美という交換条件を見せると、彼の気持ちを動かしやすくなります。

あまのじゃくな性格の彼にも、ご褒美作戦は効果的ですよ。

ぜひ試してみてください。

メールや電話でケンカしない

お子さま彼氏は、叱られたり責められたりすることが大嫌い。

面倒なことから逃げる傾向があるので、ケンカのときもだんまりを決めこむ、逃げ出す……なんてことも少なくありません。

だからこそ、ケンカや真面目な話しをしたいときには、メールや電話は避けて会って話し合うのがおすすめ。

顔を合わせて話すほうが、話し合いとして成立しやすいはずですよ。

理由を添えて注意する

理由を添えて注意する

幼稚な言動があまりにも目立つ場合は、上手に指摘することも大切。

ずっと我慢して許すのは、彼のためにもなりませんし、ストレスが溜まる一方ですからね!

しかし、ただ怒ったり責めたりしても、彼には響かない可能性も大きいもの……。

感情的な態度をとると、彼も「自分は悪くない」と意地になってしまうだけです。

子供に接するように「〇〇だからだめだよ」「〇〇だからやめてね」と理由を交えて伝えてあげましょう。

なぜだめなのかがわかれば、彼も素直に理解できます。

また、怒るというよりもアドバイスするというスタンスで接すると、彼も意固地になりにくいでしょう。

おわりに

幼稚な男性は、見方を変えれば単純でコントロールしやすい男性といえます。

優しくて褒めて伸ばすことを意識すると、自分自身もイライラせずに済みますし、彼も幼稚な言動に走ることは少なくなっていくはず。

「私のほうが一枚上手!」と、手のなかで彼を転がすイメージをしてみてください。

きっと、お子さま彼氏とも、付き合いやすくなるはずですよ。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)