筆者自身も既婚者ですが、旦那さんを「嫌いになる」のはとても簡単なことだと思います……。

イヤなところを探してストレスをため続ければ、あっという間に結婚生活は、終わりを迎えるでしょう。

結婚は、永ーく続く「生活」。

やはりただ一人の旦那さんを好きで居続けるためには、ちょっとした工夫が必要になってくるでしょう。

そこで今回は、心理士である筆者も実践中の「旦那さんを好きでいるための工夫」についてご紹介したいと思います。

いつまでも旦那さんを好きでいるためにできること・意識したいこと

ネガティブ感情はとにかく発散

結婚生活のなかでは「自分ってこんなに怒りっぽかったかしら?」と思うほどに、イライラしてしまう瞬間があります。

ひとつひとつのイライラは小さくても、積み重なっていくと大きなストレスになり、心の余裕がなくなることも……。

その結果、いつもなら全く気にならないちょっとしたことでも、さらにイライラする良くないループにはまることも、珍しくありません。

ですので、ケンカをしたあとや、日々の生活のなかで生まれるネガティブ感情は、とにかく小まめに発散するのがオススメです。

好きなデザートを食べる、子どもを預けてひとりで映画を見に行く、ブログやTwitterに旦那の愚痴をつぶやいてみるのもいいかもしれません。

自分に合った方法で、イライラをため込まないように、気をつけていきましょう。

自分を助けられるのは、自分なのだから……。

好きなところを“言葉”にする

イヤなところや、やめて欲しいところはどんどん言葉にできるのに、好きなところやそのままでいて欲しいところはあまり“言葉”にしません。

でもたとえば、旦那さんがいつも残さず食べてくれるところや、「おはよう」「いってきます」のあいさつを欠かさないところなどは、「そのままでいて欲しい」ところではないでしょうか?

「いつもきれいに食べてくれてありがとう」「あなたってあいさつしっかりするよね。いいと思うな」と“言葉”にすると旦那さんもうれしく思うはず。

これは、「自分に向けて」の言葉でもあります。

「なんとなく」思っていたことが言葉にするとクリアになり、「そうだったのか」と実感できるのもの……。

その繰り返しこそが「好きで居続けている」ことにつながっていくと思うのです。

隙あらばスキンシップ!

隙あらばスキンシップ!

赤ちゃんができると「スキンシップが大切」「たくさん抱きしめてあげてください」と教わります。

スキンシップは、生まれてすぐにお母さんからもらった愛情行為。

人は「スキンシップが愛情」だと小さなころから知っているので、「スキンシップ」をすると条件反射的に「愛情」を感じることができます。

もちろんスキンシップは触れ合いなので、触ったほうも触られたほうも「愛情」を感じることができるもの……。

隙あらば旦那さんにスキンシップをして、愛情の交換をするようにしてはいかがでしょう?

おわりに

なにもしなくても「好き」で居られればそれに越したことはありませんが、人間同士である以上、理想通りにはいかないものです。

ただ、今回紹介したことを自然にできるようになれば、ある意味「なにもしていない」状態になれるかも?

筆者も頑張りたいと思います(笑)。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)