「結婚はしたいけど……なかなか結婚のチャンスが来ないなー」という女子の皆さん、考えや行動を変えたらサクッと結婚できるかもしれませんよ?

そこで今回は、女子が陥りがちな結婚の障害と、その飛び越え方をご紹介します。

結婚はしたいけど妥協はしたくない? アラサーが陥りがちな結婚の障害と飛び越え方

条件が多く妥協ができない

結婚相手に求める条件が多い、かつ妥協もできない人は結婚するのが難しいでしょう。

自分がモテると勘違いして、条件をあれこれ提示しても、マッチする人はそうでてこないんです。

特に若い頃にモテた女子が、いい年になっても同じ感覚でいると陥りやすい失敗でもあります。

また、一つ相手の欠点を見つけただけで「この人はない!」と切っていっては、結婚どころか交際も難しくなるでしょう。

理想と完全に一致することを求めてしまうと、まず理想的な男性に出会うのが難しいし、仮に出会えたとしても、付き合えるとは限りませんからね。

本気で結婚をしたいのなら、あれこれ条件を挙げないで、本当に外せない条件だけに、極力絞った方がいいですよ。

結婚する気のない彼氏にしがみついてる

「彼を逃したら後がない!」と結婚する気のない彼氏にしがみつくのも、結婚が遠のく原因。

「いま彼と別れても、付き合う人が見つからないかもしれないし、もしかしたら彼もそのうち気が変わって結婚しようって言ってくれるかもしれない……」と思うと人も多いでしょう。

不安と変な期待から、彼に執着してしまうのでしょうが、待っている方が時間の無駄です。

ですが、すぐに別れるのが難しいなら、こっそり他で婚活を始めてもいいと思いますよ。

最初から強力な結婚オーラを出している

結婚したい気持ちが全面に出てしまい、最初から相手に圧をかけるような言動をしてしまうのはNGです。

いきなり結婚の話を相手しても、男性を圧倒して引かせてしまうだけ……。

結婚相談所などで知り合った場合ならいいのですが、そうじゃないのなら「余裕がなくて焦っている人」と思われるので、結婚したいオーラは出しすぎないように注意しましょう。

最初から結婚オーラ全開ではなくて、恋愛を楽しむムードを作ったほうが、相手も心を開いて近寄ってきてくれたりしますよ。

徐々に結婚願望があるか、見抜いていったほうが安全でしょう。

柔軟性に欠け、自分のいいなりになる人を探している

柔軟性に欠け、自分のいいなりになる人を探している

「普通の人がいい」「優しい人がいい」という人の中には、結局自分のいいなりになる人を探している人もチラホラ……。

柔軟性に欠け、相手に合わせることが苦手な女子って、口では「普通の人がいい」と言っていても、心の中で自分に合わせてくれる人を求めていたりします。

よほど相手に惚れ込まれているのなら、相手もあなたの価値観に合わせてくれるかもしれませんが、普通は歩み寄ったり譲り合ったり、柔軟性が必要になりますよ。

結婚したいのなら「何で彼はわかってくれないの?」ではなく、妥協したり、譲ることを忘れないようにしましょう。

相手を探すのも大事だけど自分を変えるのも大事

現状、結婚のチャンスがないのなら、チャンスを増やすためにも何かを変えないといけません。

ちょっと意識や行動を変えるだけで、もしかしたらさくっと結婚できるかもしれませんよ?

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)