本心では優しくしてあげたいのに、ついキツい言動をしてしまうなど、彼氏に上手く接することができない……。

そう悩む女性、けっこう多いみたいです。

そこで今回は、優しい言動に繋がる一歩をご紹介。

上辺だけではなく、心から変わりたいという方におすすめですよ。

彼氏に優しくなれない私…どうすれば上手に触れ合える?

自分の心の反応を分析する

彼氏に優しくできないときは、彼氏の言葉や行動に、ついつい感情的に反応してしまうときかもしれません。

まずは、彼氏の言動に対して、自分がどんな反応をして、どんな感情が生まれたのか思い返してみてください。

喜怒哀楽に加え、共感、反感、遠慮など、いろいろなケースがあるかもしれません。

それから「なぜ、そう反応したのか」分析していきます。

体調や天気、第三者からの言葉など、自分では無意識だった、その日そのときならではの事情に気づくかもしれません。

自分の言動の原因を知ると、優しくできる余裕が生まれてきます。

「自分がなぜそう思ったのか」がわかれば、少し安心できるのではないでしょうか。

自分の言動に選択肢を追加する

彼氏の言動に対して自分が言ったこと、やったこと……。

それに対して、後悔することも多いかもしれません。

そういうときには、反応として出た感情をストレートに表に出さないよう、心がけてみましょう。

すぐに言葉にせずに、彼氏がどう反応するか(したか)を考えて「もしこう言ったら?」「こう行動したら?」と、選択肢を追加してみてください。

「こんな言い方もできたかも」「もう少し待ってあげてもいいかも」など、違う行動・違う結果を想像できるようになれば、別の言い方ができるかもしれませんね。

少し間を置いてから受け止める

彼の言葉を受け取るときも、そのまま直接心に、入れてしまわないようにしましょう。

言葉を考えずに受け止めてしまうと、ついつい否定的に捉え、嫉妬心や猜疑心を自らあおってしまうかもしれません。

まずは自分と彼の間に「空間」を作りましょう。

なにか辛いことを言われたら、その言葉を絵のようにイメージして、空間で一時停止させます。

そこで、その言葉をどう受け止めるべきか、相手がどういうつもりで言ったのか、少し考えてみてください。

「ほんの数秒」でOKです。

こうするだけでも、彼の言葉を違う角度で見る余裕が生まれるので、余計な不安や不快を感じずに、穏やかに話し合いをすることができるようになるかもしれません。

正論や正解にこだわらない

正論や正解にこだわらない

ふたりの関係やお付き合いに関して、無意識に不安を抱えている方も少なくありません。

その不安ゆえに、「彼氏なんだからこうすべき」「私たちはもっとこうあるべき」といった正論や正解にこだわり、結果として彼氏に優しくできないといったパターンです。

たしかに、そのとき思ったことは正しいかもしれませんが、理想の状態に近づくには時間が必要になることもあるでしょう。

まずは、一緒にいる時間を、心穏やかな気持ちで過ごすことを最優先に、「とりあえず、いま一緒にいられるだけで幸せ」とお互いが思えると、理想のカップルへ近づけますよ。

おわりに

「優しくしないと」と思ってがんばると、やっぱり疲れてしまいますし、自分を押し殺して尽くすことも、いい関係を築くうえではあまり良いこととは言えません。

まずは、「一緒にいることが幸せ」と、シンプルな幸せを意識することを習慣にしてみましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)