彼のご機嫌が悪くて険悪なムードになったこと、一度はあるかと思います。

機嫌ひとつで、2人の関係が大きく左右されることもあるため、できればいつもラブラブでいたいですよね。

そこで今回は、彼をご機嫌にする“キラーワード”をまとめました。ケンカになりそうなとき、彼の機嫌がなぜか悪いとき、ぜひ使ってみてください!

彼のご機嫌を保つ!おすすめのキラーワード4選

「やっぱりお願いしてよかった」

自分の行動を肯定されるのは、誰でもうれしいことですよね。

とくに、承認欲求が強い男性は、頼られたりお願いされたりすると「いい結果を出したい」「感謝されたい」という気持ちが高まる傾向があります。

彼が頼みごとを聞いてくれたら、すかさず「やっぱりお願いしてよかった!」「やっぱりあなたに頼ってよかった!」と言葉をかけてみて。

自分を認めてくれた、信頼されていると感じて、彼のご機嫌度も一気にアップするはずです。

「◯◯さんが褒めてたよ」

直接褒められるのもうれしいもの。

でも、「◯◯さんが褒めてたよ」と言われたほうが、お世辞ではない信ぴょう性を感じ、ますますうれしくなることってありますよね。

「◯◯さんがあなたのこといい彼氏だねって!」「両親があなたのこと褒めてたよ!」など、第三者の言葉をうまく伝えるのも彼のご機嫌アップにつながるキラーワードのひとつ。

彼を褒めるのが苦手……と感じる人も、この方法なら伝えやすいかと思います。彼と共通の知人や友人がいるなら、試してみてもいいかも。

「◯◯くんに勝てる人はいないでしょ」

まだある!彼のご機嫌を保つテクは?

「1番」にこだわるの人が多いのも男性の特徴。オンリーワンもうれしいけど、ナンバーワンもうれしいものです。

彼の得意分野や自慢ポイントを見つけて、「これで◯◯くんに勝てる人はいないでしょ!」と伝えてみましょう。

自信を与えてくれるあなたのことを、ますます好きになってくれるかも。

「そういうところが好き」

付き合っていても、なかなか素直に「好き」と伝えられない人も多いようです。でも、素直な愛情表現は、彼のご機嫌をアップする効果的なエッセンスのひとつ。

恥ずかしくて言えないときは、彼の価値観や考え方、行動に対して「そういうところが好き」と伝えるのがオススメです。

具体的なポイントを褒めるようにすれば、「好き」という言葉も口にしやすいはず。

「その考え方好き」「そういう男らしいところ好きだよ」とぜひ伝えてみてください。

おわりに

機嫌がいいだけで、お願いを聞いてくれたりサービス精神が旺盛になったり。男性はけっこう、単純なところがあります。

彼がいつも笑顔でご機嫌でいてくれるだけで、こちらも幸せな気持ちになれますよね。

ちょっとした言葉ひとつで、機嫌は変わるもの。ぜひ使ってみてください!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)