彼氏がなかなか予定を立ててくれない、計画に消極的……そんな悩みを抱える女性は少なくないようです。

彼氏が予定を立ててくれないと、自分ばかりが動くことになって大変ですよね。

筆者も「私ばっかり!」と不満を感じているひとり。そこで今回は、「私ばっかり」を解消する方法を考えていきたいと思います。

いくつかの選択肢を与える

男性のなかには、ゼロから予定を立てることが苦手な男性も多いようです。筆者の彼氏もこのタイプなので、不満に思う気持ちはよ~くわかります。

そこで試しに、「次のデートは〇〇か△△に行きたいから、どっちがいいか決めて!」とA案B案の選択肢を与えたところ、効果てきめん。

なかなか予定を立ててくれなかった彼が、「わかった、考えとく」と計画に前向きになってくれました。

自分ばかりが計画しているという人は、「映画に行くなら〇〇と△△どっち?」「誕生日デートは〇〇か△△がいいな!」など、いくつか案を提示してみてください。

彼も「考える」ではなく「選ぶ」ことになるので、計画を立てやすいはずです。

予定決めや計画を順番制にする

「今回のデートは私が考えるから、次回は考えてね!」と、順番制にするのもおすすめ。

その際「考えてくれたプランにはいっさい文句を言わない」という約束をすると、彼もデートプランを考えやすくなるはずです。

当日、どこに行くのかわからない、なにをするのかわからない、といったドキドキも楽しいもの。新鮮な気持ちでデートできる効果もあります。

まずは、あなたが立てたデートプランで彼をおもてなしして、相手に身を委ねる楽しみを彼に感じてもらいましょう。

「次は〇〇の番だからね!」「次回は計画よろしくね!」と言いやすくなるはずです。

彼の得意ジャンルでデート

彼にデートプランを立ててもらうには?

彼が予定を立てるのに消極的なのは、おもてなしに自信がない場合もあります。その場合は、彼の得意ジャンルでのデートを提案してみるのもおすすめです。

登山やアウトドア、スポーツ観戦など、彼が好きなことや得意なことを楽しむデートなら、彼も計画しやすいはず。

「今度キャンプ連れて行ってよ! いろいろ教えてね!」といった言い方であれば、予定を立てるお願いもスムーズできます。

男性は得意なこと、好きなことには熱くなる傾向がります。それを活かして、彼が特技や能力を発揮できるようにしましょう。彼自身がデートのプランニングを楽しんでくれるようになるかもしれません。

おわりに

好きだからこそ、予定決めやおもてなしに悩んでしまう男性も多いようです。

デートのテーマを決めたり最終決断権を与えたりして、デートプランを考えるハードルを下げることが、「自分ばかり」という不満を解消するコツ。

もちろん、彼が考えるプランを素直に受け入れ楽しむことも忘れないでくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)