結婚すると、忙しい日々の中で油断して、夫から自分がどう見られているか忘れてしまう女性もいます。

そこで、独身の男子4人に「結婚を見据えた交際をするなら」という質問を投げかけてみました。

未来の彼女に対する、結婚後の願望を紹介します。

独身男性のホンネ!結婚しても「彼女にして欲しいコト」

スカートを着てほしい!

「会社の先輩から『女は結婚するとスカート履かなくなる』と言われ、それまでは意識してなかったのですが、最近は外に出ると観察しちゃいます。幼稚園に通う甥っ子の発表会を見に行ったとき、ママさんはほぼパンツでした。結婚しても普段からスカートを着た姿を見たいなあと思います」(消防士/24歳)

女性は年齢とともに、肌の露出も控えていきがち。

過度な露出とは別で、「スカート」を着ると女性らしくなると感じる男性は多いようです。

結婚後も妻に「女性らしくいてほしい」という世の男性の願いなのかもしれませんね。

笑顔でいてほしい

「仕事で嫌なことがあっても、笑顔で『おかえり』って言われたら疲れも吹き飛びそう。子どもが生まれて、いつもニコニコと接してくれたら、のびのびと育ちそう。だからいつまで笑顔は絶やさないでほしい」(卸売業/28歳)

「笑顔があれば会話いらず」とたとえられるくらい、笑う力は絶大です。

笑顔は「夫婦円満の基本」ともいわれているので、結婚をするうえで“永遠に欠かせない”と言っても過言ではありません。

メイクを忘れない

独身男性が思う理想の嫁像とは?

「もちろん家ではノーメイクでいいんだけど、外に出るときは化粧してほしい。特にスーパーとかに買い物に行くときとか。すっぴんでいる子連れのママさんを見かけるけど、ああいう風にはなってほしくない」(一般事務/26歳)

主婦も何かと忙しいもの。特に子育てに追われているうちは、化粧以上の優先順位があります。

妻にメイクの時間をつくってあげる夫なら、すっぴんで出歩くことも少なくなるはず。

とはいえ男性からすれば、「結婚しても美意識は忘れないでほしい」というのがホンネかもしれません。

夫に「化粧したいから、ちょっと子供見ててくれる?」とお願いしてみるのもアリですよ。

今のスタイル

「結婚してから急に太って、そのまま痩せずにずっと太ったままはちょっとムリかも。やっぱり適度に運動するなりして、スタイルは維持してほしい。結婚してからもそこだけは、気を抜かないでいてくれ~と今の彼女にも願っています」

ちょっと手厳しい声ですが、言い換えるなら「中年太りには気をつけてね」という感じでしょうか。

しかし、ストイックすぎる体型維持で、逆にストレスをためてしまったら本末転倒です。

年代に合った自分なりの体型維持を心がけるのが、ちょうどよいのかも。

おわりに

結婚生活は、結婚前のラブラブムードがずっと続く訳ではありません。

結婚前は「結婚してもこれだけは気をつけよう」という戒めの気持ちを持っていても、いざ結婚してみると、なんとなく忘れてしまうもの。

だからこそ、結婚前は少し背伸びをしてでも、女性らしさを高めに設定しておくといいかもしれません。

(鹿賀大資/ライター)
 
(愛カツ編集部)