男性が結婚相手に選ぶ女性とは、いったいどのような女性なのでしょうか。

結婚したいと考える年齢になると、つい気になってしまうものです。

そこで、3人の既婚男性に、妻との馴れ初めについて聞いてみました。

どれもユニークなエピソードばかりですよ。

今回は「男性が生涯のパートナーに選んだ、女性の“意外な特徴”」をご紹介します。

男性が「生涯のパートナー」に選ぶ女性の意外な特徴3選!

昔から気ごころ知れた仲だった

「妻とは、中学校まで一緒でした。
でも普通に会話する程度で、タイプではなかったです。

社会人になってから、中学のグループとして遊ぶようになりました。
当初は恋愛感情はあまり持っていませんでしたが、恋話をしてるうちに、なんとなく意識するようになり『じゃあ付き合いますか』という流れで付き合うことに。

でも、もう気心知れた仲なので、籍を入れても新婚って気分じゃなかった。
それはそれで、逆に疲れないから楽しくやっています」(内装工事/38歳)

学生時代から交際を続けて「そのままゴールイン」というパターンは少なくありませんが、級友と大人になってから結ばれる場合もあるようです。

社会に出てまったく知らない女性と出会うよりは、新鮮味に欠けるかもしれませんが、気を遣わずに済む大きなメリットが魅力。

気づくと母似の性格だった

「うちの母は、とにかく世話好きで口うるさい人です。
絶対に母のようなタイプとの結婚は望んでいませんでした。というより、そういう女性をずっと避けてきました。

妻も最初はうるさい感じには見えなかったんですけど、結婚式の決め事あたりで豹変。
強烈に仕切りだして、気づいたら後の祭り……。

でも愛情がある“うるさい”なので、これも運命かなと結婚を決意しました。
なんだかんだいって母のことは立ててるし、いいコンビかと」(郵便局員/35歳)

ことわざにある「姑に似た嫁が来る」を絵に描いたようなケースですね。

よく「男は母親に似た人と結婚する」ということもいわれていますが、それもまんざらではないのかも……。

ギャップがある

ギャップがある

「僕は自由気ままなで、縛られるのがとても苦手なタイプです。
今まで付き合っていたしっかり者の女性とは、全く上手くいきませんでした。
きっちりしていたり、冗談が通じなかったりで……。

でもなぜか、結婚した相手はそんなずっと合わないと思っていた、しっかり者系の女子だったんです。
なんで選んだのかは、彼女のギャップにあります。
強気でしっかり者に見えて、実は寂しがり屋。

時折見せる彼女の弱い姿を見て、僕が守ってあげたいと思いました。
常に強気な鬼嫁ですが、意外とメンタルがもろいんです」(施設管理/30歳)

きつい性格の女性がふと見せる、弱い一面に落ちてしまう、というこのケース。

苦手なタイプの女性、というところに男気を感じた人も多いことでしょう。

それにしても「自由奔放夫×鬼嫁」という一見すると危険な組み合わせですが、意外と結婚生活は順調のようですよ。

最後に

理想の男性を求めるあまり、婚期を逃してしまうことも少なくありません。

たまには理想は一休みして、気分転換に旧友に連絡したり、同窓会に参加したりするのも1つの手です。

久しぶりに会うきっかけを自分からつくれば、意外と巡り合う確率も高まるもの……。

あなたの運命の相手は、意外なところにいるかもしれません。

たくさんアンテナを張って、自分に合った男性を見つけてくださいね。

(鹿賀大資/ライター)
 
(愛カツ編集部)