最近は結婚式を挙げてなくても、珍しいことではなくなってきました。

そこで今回は、ナシ婚経験者である3人の既婚男性に、結婚式をしなかったおかげで得られた幸せについて、エピソードをうかがってみました。

結婚式は挙げていませんが、彼女を選んでよかった3つのこと!

妻の純朴な母心

「私は一人っ子、妻は長女ですが、挙式はできませんでした。
詳細は明かせませんが、私の方の親族に問題がありまして……。
でも妻は当初から今まで一貫して、挙式のことを口にしたことはありません。

ただ最初に一言だけ、『挙式の費用は、2人でせっかくためたんだから、これから生まれてくる子供のものにしたい』と。
私はてっきり、子育てに使うものなんだと解釈していました。

それから娘が生まれて、私は出産費用にと、例の貯金のことを提案したら、妻に『これはこの娘が結婚するときよ』って優しく言われて、涙がでそうになりました。
一人の女性としても、尊敬できる大切な妻です」(飲食業/39歳)

しみじみとした、浪花節にでてきそうなエピソードですね。

お母さんの愛情たっぷりのエキスで育てば、きっと娘さんは立派な結婚式を挙げられることでしょう。

ロマンチックなところ

「うちは、俺の兄夫婦、嫁の弟夫婦が挙式済み。
なんか親族とか、色々な結婚式に参加してきたけど、面倒くさいなっていうのがあって、今のところ挙げるつもりはない。
嫁もそれは理解してくれています。
でも嫁のすごいのは、ここから……。

結婚3年目にいきなり『お金をためよう』と言いだしました。
訳を聞いたら『年末までにためたい』と。
その間よくホームセンターに行っていたみたいで、いざ12月になり『これ買ってきたから、指示通りに飾って』と見せられたのがクリスマスのイルミネーション。

嫁曰く、『だいたい挙式代くらい。これで毎年が結婚式じゃん』とのこと。
うちの嫁、発想が面白いでしょ」(外壁改修/34歳)

女性らしさと、クリエイティブな発想が融合した、とてもロマンチックなエピソードです。

ホームパーティーのような規模ながら、その構想は結婚式クラスと言っても過言ではないでしょう。

あっぱれです!

人には真似できない特技

人には真似できない特技

「僕たち夫婦は、結婚式をしない代わりに海外旅行を満喫しました。
2人でそう決めていたので、とても充実した旅行でしたが、最終日にサプライズが!

彼女が空港にあったピアノで『アラジンのテーマソング』を弾き始めたんです。
彼女にそんな特技あったなんて、そのとき初めて知ったし、周りもざわつくほどのレベル。

曲が終わり拍手喝采のなか、彼女が一言だけ『結婚旅行です』と英語で伝えると、もう祝福の嵐でした。
彼女は着陸したときにピアノを見かけて、すぐに思いついたそうです。
一生忘れられません」(総務/27歳)

これこそ、本物のサプライズ。

余興でここまでできる人は、そうはいないはず……。

しかも一発本番ですからね。

ピアノに自信がある女子は、パクってでもオススメしたい演出です。

まとめ

現代は結婚式に莫大なお金をかけるのではなく、よりコンパクトにスモールに楽しむを優先にする時代です。

ナシ婚派でも、「人生の区切りとしてけじめをつけたい」「諸事情でできない」「それに代わる一生の思い出を残したい」と思っている人は、ぜひ今回の3つのエピソードを参考にしてみてください。

(鹿賀大資/ライター)

(愛カツ編集部)