同じ彼氏にするなら、優しい男性を彼氏にしたい!と思いますよね。

やはり、共感力ある優しい男性は人気。そんな彼らであっても、やはり腹の立つことはあります。

今回は、踏んではいけない優しい男性の地雷をご紹介します。あなたも踏んでしまっていないか、一緒に見ていきましょう。

優しい男性でもイラっとしてしまう、女性の「地雷言動」とは

「Win-Winの関係」を無視

男性の中には、「Win-Winの関係を築く」というポリシーを持って他人に優しくしている人もいます。

「Win-Winの関係」とは、両方が勝者になる、つまり、お互いにとって有益となる関係、ということです。

それに気づかず、優しさや親切心だけを求める女子は、彼らの地雷を踏んでしまいがち……。

たとえば、良い関係を築こうとこちらから笑顔で接しているのに、いつも仏頂面で対応。そのくせ話しやすいと思われているため、いつも用事を頼んでくる……。

こんな女子にはかなり腹を立てているはずです。

優しい男性は、自分でも「俺ってあまり怒らないタイプだな~」と自覚しているのが、また厄介なことで……。

でも、そこにつけ込まれるリスクがあることに気がつかないほど、愚かではありません。優しく親切にしてくれる男性には、それに甘えず、必ずお返しをするよう心がけましょう。

一方的にしゃべる

優しい男性は、女子の長話をよく聞いてくれるものです。

でも、あまりにも一人で喋りすぎ、独演会状態になってしまうのは大NG。ここに彼らの地雷があります。

男性があなたの話をよく聞く理由は、コミュニケーションを重視し、情報収集や情報分析に価値を置き、また持論をアウトプットする場がほしいためです。

あなたの話が面白いから延々と聞いているとは限りません。あるいはただの“下心”という場合もあります。

聞き上手な優しい男性が「うんうん」と聞いてくれるからと、相手が何か言おうとする隙も与えないほど矢継ぎ早に次々と話したり、話題をころころ変えて延々と話したりする女子は、かならず嫌われてしまいます。

会話とは、お互いにとって有益になるようにするもの。それは人としての最低のマナーですが、優しい男性相手には、特に注意が必要です。

知らない世界の話ばかりする

知らない世界の話ばかりする

一人でしゃべりすぎる以外にも、“知らない世界の話題”を続けることで、優しい男性の地雷を踏んでしまうこともよくあります。

たとえば、彼が全く詳しくない分野や、また彼とは全く関係のない、あなたの知り合いの話題などです。

よく知らないため何もコメントできない状況は、「一緒に話す気あるのかな……?」「え、誰その人……?」と、彼を困惑させるばかり。「つまらないから早く帰ろう」と思われる可能性も大きいです。

彼が何となく会話を楽しんでいるような雰囲気でない場合は、彼も入っていきやすそうな話題を選びましょう。

非常識的な考え方を自慢

優しい男性は、キツイことは言わず、相手に共感的な性格の人が多いです。でも、何でもかんでも「わかるよ、そうだよね」と言ってくれるわけではありません。

うっかり、その男性が「非常識だ」と思っている物事に対して、賛同するようなことを言ってしまった場合はアウト。

たとえば、セルフで髪を染めるのは髪に悪いし絶対的に良くない、と考えているオシャレな彼の前で「サロン用のヘアカラーがネットで安く買えるのに、セルフカラーしないなんてバカみたい」と豪語するような行為です。

何かが良くて何かが悪い……そんな主張をする時は、彼のアイデンティティーを踏みにじってしまわないよう、ソフトな言い方にするのが良いでしょう。

優しい男性の裏の顔は厳しいことも!

相手に優しくできる人というのは、実は自分には厳しく、色々な難局を乗り越えてきた人が多いです。一定の結果を出し続けてきたからこそ自信があり、その余裕から人に優しくできるのです。

そんな人は、言わないだけで、本当は他人のことも厳しくジャッジしています。

優しい男性に選ばれるには、彼と同じくらい自分に厳しく「自分はどうあるべきか」を追求している女子でいるようにしましょう。

同じ感性を持っていて「相性が良い」と思わせることが、本命になる一番の近道です。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)