彼氏や好きな人には、適度な色気を感じさせたいもの。

とはいえ、「冬って着込んじゃうし、男性をムラムラさせるのって難しくない?」という意見もわかります。

たしかに、この時期は水着のような大胆な露出はできません。しかし、そのぶんデート中にジワジワと落とすことができるんです。

冬ならではの“男性のムラムラを引き出す方法”を伝授します!

1.カジュアルファッション

「ギャルやかわいい系の子が、ゆるめの格好をしていると『おっ』ってなる。いつもキメキメなぶん、部屋着っぽいラフさに惹かれますね」(29歳/商社)

こちらは彼氏の服を着る、華奢な彼女の姿を連想させるのかも。

特に今年は秋からやや大きめのスリット入りパーカーなど、カジュアルファッションが流行っている様子。

普段はキレイめ系の女子が、パーカーにロング丈のスカートはギャップがあって良いですよね。

地味な手抜きコーデになりすぎないよう、ヘアやアクセでオシャレ感をプラスしましょう。

2.首元や絶対領域など…。冬の適度な肌見せ

「『冬は寒いから』とタートルネックが多い彼女が、珍しく首元が開いた服を着てきた。首なんて夏に見ても何とも思わなかったのに、急にドキドキしちゃったんですよね。

我ながら単純だなと思いました」(32歳/通信)

冬は肌見せをする人も少なくなりますよね。でもだからこそ、少しの露出だけでドキッとしてもらえるもの。

たとえばデートのときは、少し首や胸元が開いたニットを着ると、彼の視線もいつもより多くなるかも?

あとはちょっぴり寒いですが、ニットワンピにニーハイを合わせて絶対領域を出すのもいいかもしれません。

夏と比べて露出も少ないし、決して下品さやいやらしさはないのに、男性陣がムラムラしてくれる可能性大ですよ。

3.お酒を飲んで顔が赤くなっていたとき

3.お酒を飲んで顔が赤くなっていたとき

「外にいるときは『寒いね~!』と言っていたのに、お酒を飲んだら『暑い!』と言い出した女子。

よく見たら顔も真っ赤で、額にはほんのり汗が……。冷静を装いつつ、内心『エロいな~』とムラムラしてしまった」(28歳/営業)

こちらは厚手のセーターを着ているのに、暑くて顔は真っ赤……という非対称さが、男性の心をつかむのかも。

これからお酒を飲むシーズンが到来しますし、アルコールの力を借りてちょいエロ感を出してみては?

無理のない範囲で好きな人にアピールしたいですね。

おわりに

冬は寒さが厳しいため、ついつい似たような格好になりがち。

ですが、カジュアルな服装や適度な露出をしてみると、男性をドキッとさせられるかも。自分では気づいていない意外な部分が、男性のムラムラを誘うことも……?

まずは同窓会や忘年会など、出会いの場に足を運ぶところからはじめたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)