冬。風邪をひいたり、インフルエンザになったりと体調を崩す人も増える季節。

あなたは、彼氏が風邪をひいて寝込んだ時、どうしてますか?

今回は、「彼が体調を崩したときのほどよい気づかい」とはどんなものなのか、ご紹介します。

彼が体調を崩したときの「ほどよい気づかい」とは

踏み込んだ言葉で親身に

彼からLINEで「風邪ひいた」と来たとき、なんて返信しますか?

大抵「大丈夫?」というワードは使うでしょうが、それだけでは物足りないというか、親身さに欠けるんですよね。

もう一歩踏み込んだ言葉もあったほうが、彼のことを心配しているのが伝わります。

たとえば、「大丈夫?熱は?」とか「大丈夫?動ける?」など……。

「大丈夫?」の一言よりも、もう一言あった方が彼を想っているのが伝わりますよ。

彼の要望を聞いてから動く

彼が実家暮らしで、看病してくれる人がいるのなら大丈夫ですが、ひとり暮らしなら心配ですよね?

けど、突然看病に行くのではなく、一応聞いたほうが無難でしょう。

「気持ちはうれしいけど、風邪をうつしちゃうかもしれないから来ないでほしい!」
「だらしない格好を見られたくないから、家に来てほしくない!」

という人もいます。

毎回体調を崩した時は彼の家へ直行している、という習慣があるのならいいですが、「付き合って初めての風邪」みたいなときは、一応彼の意見を聞いてからにしたほうがいいですよ。

ただ、本当は来てほしいけど、遠慮から「大丈夫だから」と言う人もいるので、彼の性格次第で動いた方がいいでしょう。

交際したばかりとはいえ、LINEしたりデートをしたりしているのなら、多少なりとも彼の性格はわかりますよね?わからないのなら、玄関のドアに差し入れを下げておくのもおすすめです。

体調に応じた差し入れ

体調に応じた差し入れ

差し入れするのなら、彼の家に何があるかを確認してから持っていくようにしましょう。

たとえば、彼が冷却シートなど持っていないのなら、冷却シートを持っていくとか。水はあるけど冷蔵庫にスポーツ飲料的なものがないのなら、スポーツ飲料や経口補水液を持っていくなど……。

食べたいものを聞くのもアリでしょう。

「風邪だから、おかゆを作ってあげる」というのは、定番ではありますが、必ずしも良いとは言えません。消化のいいものを作るのはいいのですが、おかゆが苦手な人もいますからね……。

筆者も、おかゆがあまり好きではなく、風邪のときはうどんとかサムゲタンとかです。

風邪なら優しく気づかいを

風邪が治るまで1日1回くらいは「熱は下がった?」とか「具合どう?」と体調を伺ったほうがいいでしょう。

初日だけ心配して、翌日から普通のLINEとかだと、たいして心配されていなと思ってしまう人もいるので……。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)