好きな男性を振り向かせるためにはどうしたらいいのか、女性も色々なことを考えるはずです。

でも、駆け引きを使いすぎると、男性には敬遠されてしまう危険性もあるので注意が必要です。

そこで今回は、男に嫌がられてしまう「鬱陶しい駆け引き」を紹介します。

効果はゼロ!男に嫌がられてしまう「鬱陶しい駆け引き」

「他の男の存在」をほのめかす

嫉妬はふたりの関係に刺激を与えて、ドキドキさせたり、恋心を燃え上がらせる要素にはなります。

だからといって、わざと他の男性の存在をほのめかすようなことをするのは、マイナス効果になる危険度も非常に高いです。

「○○くんから誘われてるんだ」とか「○○くんってカッコイイよね」なんて言ったりすると、「軽い女」という印象が強くもなるかも。

試されているような感じがするとイラッともするので、「じゃあ、そいつと付き合えばいいじゃん」と突き放されてしまうことにもなりかねないですよ。

すぐには「返信をしない」

恋愛の駆け引きとしてよく耳にするのが、あえてLINEの返信を遅らせて焦らすというもの。

でも、男性はなかなか返信が来ないとイライラするだけですし、会話のテンポが合わないと、話す気もなくなってくるはずです。

どうでもいい話のときならまだしも、大事な連絡をしているときにいつまでも返信が来ないと、イラ立ちは一層大きくなってしまいます。

好きな男性とはすぐにでも会話を始めたいというのが本心のはずなので、無駄に焦らしたりしないで素直に反応を示したほうが、男性にも可愛らしいと思ってもらえますよ。

「周囲の人」に言いふらす

好きな男性を落とすために、まずは周りから攻めていくというのもひとつの方法なのかもしれません。

でも、「○○くんが好き」などと言いふらしまくると、周囲の人たちを巻き込むことにもなるので、「やめてくれよ」と男性にも思われてしまうでしょう。

しかも、それが職場の人たちだったりしたら、仕事に支障をきたすことになる場合だってあるかも。

相手のことや周囲のことを考えず、自分の思いばかりを先行させると、「自分勝手でわがままな女」だとみなされることになりますよ。

「SNS」で匂わす

「SNS」で匂わす

共通の友人や同じ職場の人たちとつながっているSNSで、ふたりの関係を暴露したり、男性への自分の思いを綴ったりする。

そういったわかりやすい匂わせ行為には、男性は引いてしまう可能性が高いです。

ちょっとかまってちゃんっぽい感じもするので、「あまり深く関わりたくない」と思われたりもするかも。

みんなが見ている場所に、男性の了承も得ずにベラベラとふたりのことを書いてしまうのは、信用を失うことにもなるNG行為でしかないですよ。

おわりに

駆け引きを使って男心をつかむのは非常に難しいことです。

マイナス効果になるパターンも多いので、基本的には素直に気持ちを伝えたほうが、男性には大きく響くはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)