好きな男性と仲良くはなれるものの、いつも恋愛関係にまでは発展させられない。

そういった女性は、「いい子だけれども異性としては見られない」と男性に思われている可能性が高いです。

そこで今回は、いつも“友達以上”になれない原因を紹介します。

異性として見られない…いつも“友達以上”になれない原因

最低限の恥じらいがない

男性は女性の恥らう姿にドキッとするものですし、“女”を感じるポイントでもあります。

逆に、全く恥じらいのない女性には、異性を意識することができないので、恋愛対象としては見ることもないはず。

仲良くなると素の自分を出せるようにもなるので、恥じらいが薄れてもいきやすいです。

打ち解けるのは大事なことですが、自虐ネタや下ネタを言いまくったり、下品な行動をたくさん取ってしまうと、“一緒にいると面白い友達”以上にはなれなくなりますよ。

>>【おすすめ関連記事】友達以上恋人未満の解消法!関係の進展のためにできること

仲良くなりすぎてしまう

好きな男性とは少しでも距離を縮めようと、女性は頑張って色々と努力をするはずです。

ところが、必要以上に仲良くなりすぎると“大切な親友”という存在に位置づけされることになる可能性もあります。

そうなると、「この関係性を壊したくない」という気持ちが働いて、恋愛対象からは外されてしまうケースもあるかも。

適度な距離感は保つようにしたり、あなたのほうからさりげなく好意を示したりして、常にちゃんと異性を意識させておくことは忘れないでくださいね。

過去の恋愛話をしすぎる

過去の恋愛話をしすぎる

女性から過去の恋愛の失敗談や恋愛でのダメなところなどをたくさん聞くと、「この子とは付き合えないな」とか「付き合ったら大変そう」なんて男性は感じたりするもの。

会話を盛り上げようとしていたとしても、「いつも彼氏に重いって言われる」とか「すぐに返信しない男は許せない」などと言うのは、マイナス効果でしかないでしょう。

また、いつでも恋愛に関する話ばかりをしていると、恋愛に依存しているようにも見えます。

それはそれで、男性が苦手に感じる女性でもあるので、聞かれてもいないのに過去の恋愛を語ったりするのはやめたほうがいいですよ。

慎重になりすぎる

好きな男性とは、もちろん「付き合いたい」と思うでしょうから、嫌われないようにと慎重にもなるでしょう。

徐々に距離を縮めていくのは重要なポイントではありますが、慎重になりすぎるとタイミングを逃す危険性も大。

時間をかけすぎることで、友達としての絆が深まっていったり、「俺を男としては見ていないんだな」と思われてしまう場合だってあります。

「フラれるのが怖い」という気持ちはよくわかりますが、どこかで思いきって動き出さないと、友達の壁を破ることはできませんよ。

おわりに

今回紹介したポイントに当てはまるものがあるのなら、まずはそこを改善してみましょう。

いくら距離を縮めても、“女”として見てもらえなくなったら、友達以上にはなれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)