交際が始まって時間が経てば、徐々にデートもパターン化してマンネリになってしまうカップルも多いもの。

そうなると、徐々に会うのが億劫になったり、好きかどうかもわからなくなったり……。やっぱり関係を保つ上で新鮮さって大事です。

そこで今回は、二人の関係を新鮮に保つコツをご紹介します。

浮気防止にも役立つ!付き合いが長くなっても二人の関係を新鮮に保つコツ

頻繁に会いすぎない

彼とは頻繁に会いたいでしょう。でも、頻繁に会うと新鮮さも早く失われます。ついでに、相手の短所もよく見えるようになります。

将来を考えているのなら、短所も早めに見えた方がいいのかもしれません。

ただ、信頼関係がしっかりできる前に相手の短所を見てしまうと、彼のことを受け入れられなかったりしますからね。

新鮮さを長続きさせたい、かつ関係をじっくり進めていきたいのなら、そんなに頻繁にデートをしない方がいいです。

同じ会社で毎日顔を合わせているとしても、デートは週一とか二週間に一回とか、それくらいにしておいた方が程よい距離感でいいと思いますよ。

あとは、彼との時間(デート)を大事にするのもそうですが、自分の時間、友人、家族との時間も大事にしないとね。

そのバランスが崩れたら恋もうまくいかないですからね。

定期的にふたりで新しい体験をする

デートがパターン化してしまうとどうしても新鮮さが失われます。そうならないためにも、定期的に二人で新しい体験をした方がいいです。

例えば、二人ともアクティブ好きならパラグライダーをやってみるとか、スキューバを体験してみるとか。

頻繁には難しいでしょうが、ワンシーズンに一回くらいは新しい体験を取り入れたデートにした方が楽しいし仲も深まりますよ。

マンネリしてから新しい体験を……となると結構腰が重かったりするので、マンネリになる前からお互いやってみたいことを書き出し、一緒に一個ずつやっていった方がいいですね。

共通の友人を作る

共通の友人を作る

もともと友達同士とか、会社の同僚でそこから恋に発展したというのなら、共通の友達・知人も多いかもしれません。

でも、旅行先とかマッチングアプリで知り合ったという場合、共通の友達っていないですよね。

毎回彼と二人きりで会うのもいいですが、それだとどうしてもマンネリしやすいです。

共通の友達がいた方がマンネリしにくいだけでなく、彼の友達への接し方が見れたり、彼の知らない良い一面を聞けたりしますよね。もしケンカをしても友達が仲介役になってくれ、破局が防げたりします。

なので、関係が安定したら、お互いの友達を交えて食事をしたり遊んだりしてみるのも、マンネリ防止と新鮮さを保つために良いかと。

仲良し円満でいるにはコツがいる

何もせず良い関係が続くってそうないです。

何かしら努力や工夫、関係が傾き始めたときにはテコ入れをしないと、良い関係なんて継続できませんから。

逆に、日々努力していればマンネリ知らずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)