なんとなく、彼の態度が今までと違っているように感じるけれど…気持ちが離れてるのかな?

気のせいかも?とモヤってしまうことってありますよね。

今回は「男性の気持ちが彼女から離れているサイン」を12星座別に占ってみました。

チェックして、ぜひモヤモヤを解消してください。

おひつじ座(3/21~4/19)…デートをしなくなる

恋愛にも情熱を傾けるおひつじ座の男性。

気持ちが離れているサインはとてもわかりやすく、ズバリ「デートをしなくなる」のです。

気持ちが離れた分、他のことに気持ちが向きます。

デートの頻度がガクンと減り、メールなどの返信も途絶えがちに。

おうし座(4/20~5/20)…不機嫌そうな表情

居心地のいい空間を好むおうし座の男性。

気持ちが離れているときは、一緒にいても居心地が悪く感じるため、不機嫌そうな表情をします。

質問に答えなかったり、投げやりな言葉が増えたりすることも。

お気に入りの場所に連れて行ってくれない場合も注意です。

ふたご座(5/21~6/21)…つまらなさそうに話を聞く

話し上手な双子座の男性。

気持ちが離れているサインは「つまらなさそうに話を聞く」です。

気持ちがあるときは、知識があるだけに相手の話に関心を持ち、「それはこうだよね」と話題を広げたりもします。

それなのに「ふーん」と聞き流している時は要注意なのです。

かに座(6/22~7/22)…無関心で素気ない

愛情豊かなかに座の男性は、気持ちが離れているときには無関心さが前面に出ます。

ちょっと調子が悪いと言っただけで「早く寝て!」「熱は?」「薬は飲んだ?」などと大げさなほど心配していたのに、気持ちが離れると「あ、そう。休めば?」と素気なくなるのです。

しし座(7/23~8/22)…ダメ出しが多くなる

ナイト気質があるしし座の男性は、気持ちが離れているときは、相手の服装や髪型などを褒めなくなります。

前回は褒めた服装も「ホントは違うんだよね」と言ったり「なんか似合わないね」とバッサリ切ったり。

ダメ出しが多くなるのが特徴と言えるでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)…批判めいてくる

きちっとしている状態を好む、おとめ座の男性。

気持ちが離れている時のサインは「批判めいてくる」です。

これまで多少のことには目をつぶってくれていたのに、急に「それは変」「遅刻なんて考えられない」「常識がない」という厳しい言葉が増えたら、要注意でしょう。

てんびん座(9/23~10/23)…自分本位になる

争いごとを嫌うてんびん座の男性。

気持ちが離れているときのサインは「自分本位になる」です。

それまでは相手に合わせてくれることが多かったのに、気持ちが離れてしまうとその気持ちがなくなるため「こうしたいんだけど」と強気な発言になる上、譲らなくなります。

さそり座(10/24~11/21)…過去をねちねち言う

好きな相手には一途になるのがさそり座の男性。

しかし、気持ちが離れてしまうと、ケンカした時に過去のことを持ち出して「いつもそうだよね」「この間もそうだった」などの言葉が増えます。

さそり座の特徴である、執念深さが出てしまうんです。

いて座(11/22~12/21)…無視される

好奇心旺盛で、思ったら即行動のいて座の男性。

好きな人に対してはテンションが高く、レディーファーストをしてくれるのが特徴です。

ただし、気持ちがなくなったら話は別。

デートの約束をドタキャンして友達と会ったり、連絡を未読無視したりなどの行動が増えるでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)…関わらせない

保守的なやぎ座の男性は、恋愛=結婚の図式が頭の中にありがちです。

そのため、気持ちが冷めてしまうと将来に対する話も出なくなります。

さらに、友達や家族の話もしなくなる場合も。一緒にいて友達にばったり会ったとき、さっと離れたら要注意です。

みずがめ座(1/20~2/18)…スキンシップが少なくなる

フランクさが魅力のみずがめ座の男性。

誰にでも同じ態度で接するので、気持ちが冷めているサインはわかりにくいでしょう。

ですが、手を繋がないなどのスキンシップが少なくなった時は要注意。

関係性が恋人から友達に戻ってしまっている可能性が高いのです。

うお座(2/19~3/20)…連絡がなくなる

甘えたがりで寂しがり屋のうお座の男性。

気持ちが冷めた時に見せるサインは「連絡がなくなる」です。

デート後、感想メールが来ていたのに来なくなった、メールやLINEで頻繁にやり取りをしていたのに、既読無視が多くなった…など、わかりやすいでしょう。

さいごに

気持ちが冷めたサインには、それぞれの星座に特徴がありますので、ぜひ把握しておいてください。

そして、サインが見えても慌てないこと。

相手がなぜ冷めたのかを冷静に考えてから、改善できるところは改善して行動しましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)