好きな人ができた!そして彼の方も結構脈ありっぽい……。恋愛の中で一番楽しくてワクワクするのって、こんな“付き合う直前”の状態ではないでしょうか。

でも、せっかく楽しい時期なのに、思わぬミスで関係を壊してしまっている女子も少なくないんです……。

そんな残念な経験を味わうことをしないためにも、体験談から学んでおきましょう。

あと少しだったのに…「付き合う直前」に恋が壊れるNG行動

焦りすぎて待てない

「イイ感じなのになかなか告白してくれない男性に『付き合う気がないならはっきり言って!』って自爆しちゃったこと、何度かあります」(24歳・女性)

付き合う直前の時期はドキドキして楽しいけど、はっきりしないモヤモヤ感もありますよね。

彼はどうして告白してこないの?私の勘違い?それとも実は彼女がいる?……こんな風に疑心暗鬼になってしまうと、彼に白黒つけるよう迫ったり、慌てて告白して自爆してしまうことも。

結果ばかりを気にしすぎて、あいまいな状態を楽しんだり、彼を泳がす余裕をなくしてしまうのは失敗のモトです。つまりは焦りすぎ。

男性にとっては付き合う前のあいまいな関係は楽しいもの。一緒に楽しんだほうが、付き合ってから大事にされることも多いはずですですよ。

恋愛モードで考えすぎ

「連絡がないことも、ちょっとそっけない態度をされたことも、とにかく全部自分に対する気持ちと結びつけて考えちゃって……。付き合う前は楽しい時期のはずなのに、勝手に病むことも多いです」(27歳・女性)

付き合う前のそっけなさ、連絡の少なさに関しては、男性は特に何も考えていない場合も。

でも、「もうちょっと連絡してよ!」と彼にキレてしまってドン引きされたり、「告白してくれないし、やっぱり好かれてない」と勝手に落ち込んだり。

また、彼に対して卑屈な態度を取ってしまったりする女子も多いようです。

付き合う直前と言っても、ちゃんと付き合っていないうちは、好きな女子でも「まだ彼女ではない」と線を引く男性が多いです。

たとえば、彼氏から3日連絡がないのは気になるでしょうが、男友達ならどうでしょうか。週に2回連絡があれば、「マメだな」と思えるのではないですか?

「私のこと、好きならこうするよね」より「私に気がある男友達だと考えれば、こんなもんよね」と考えれば、本来の余裕を取り戻せるはず。

一度気になると…

一度気になると…

「付き合おうかな、と思ってた子が、デート中にずーっと鼻をスンスンすすってて、なんか無理になってしまいました。

ちょっといいレストランに食事に行ったのですが、トイレに行って鼻をかむとかすればいいのに……。

薄いワンピで寒そうだったし、風邪気味だったとか、事情があったのかもしれない。

でも、一度気になっちゃうとなんかもう生理的に無理で……申し訳ないけどね」(30歳・男性)

「一度気になるともう無理」なしぐさやクセってあるものです。

体調が悪いとき、緊張しているときの「鼻をすする」「ささくれをやたら触る」「唇をなめる」など、不潔に見えるしぐさは彼が見ても不快に感じられてしまうことも……。

ただ、このケースに関しては、こまめに鼻をかむなど、回避できた可能性もあります。

「デート中にちょこちょこ、トイレや化粧直しで席を外すのは気が引ける」気持ちもあるでしょうが、不快感を与えるよりはまし。無用なガマンはやめて、デートに集中できるコンディションを保って。

焦りとガマンは禁物

「彼も私を好きかも?」こんな直感って実はなかなか外れないもの。ダメになるとしたら、それはほとんどの場合は先を急ぎすぎたからであったり、余計なガマンをしたからなんです。

やきもきしつつも楽しい恋の始まり、それを楽しめるのは今だけ!

コンディションを整えて、イライラせずに楽しんで。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)