デートでいい印象を持ってもらうことが、交際へとつなげる最も大きなポイントになります。

男性に媚びるのではなく、一緒にデートを楽しむことができると、「また会いたい」とも思ってもらえるでしょう。

そこで今回は、「デート中」に好感度をアップさせるテクを紹介します。

いい子だなぁ…「デート中」に好感度をアップさせるテク

「下準備」をしておく

例えば、デートに行く場所の情報を集めておいたり、美味しいお店を調べておいたり、楽しめそうなスポットを探しておいたり……。

女性がそういった「下準備」をしてくれていると、自分とのデートを楽しもうとしてくれていることが伝わって、男性はとてもうれしいものです。

多少でも情報を持っていると、何もないよりも、デート自体の質だって上がるはず。

細かく完璧に準備をする必要はないですが、デートに乗り気であるという気持ちを示せると、男性のテンションもかなり上がることでしょう。

「会話」を重視する

デートでは遊ぶ内容そのものよりも、ふたりでの会話を楽しむことが最も大切です。

会話をして、お互いのことをわかり合っていくことで、関係性もどんどん深まっていくもの……。

目的地に向かっている間や、行列に並んでいるとき、食事をしているときなどに、色んなことを話せたら、それだけでデートも盛り上がることでしょう。

特別なデートスポットに行かなくても、話しているだけで楽しいふたりになれたら、「この子と付き合いたい」という気持ちだって大きくなるはずですよ。

「喜び」は大きく表現する

自分が計画したデートで、女性が楽しんでくれているかどうかは、男性がとても気になるポイント。

だからこそ、「喜び」のリアクションは、ちゃんと男性に伝わるように、大きめに表現をするべきです。

例えば、男性が予約してくれたお店が素敵だったり、料理が美味しかったりしたなら、「すごくオシャレなお店ですね」とか「こんな美味しいお肉初めて食べました」などと、言葉にしてみましょう。

女性がデートを満喫してくれていると実感できたら、「また誘おう」という気持ちにもなるはずですよ。

最後は「頼る」

最後は「頼る」

「デートは男性にリードしてもらいたい」という思いを、抱いている女性は多いかもしれません。

だからといって、全てを男性任せにして、自分は何も行動を起こさないままでいたら、デートにあまり乗り気ではないように見えてしまう危険性もあります。

ちゃんと自分の考えも言って、ふたりで一緒に色々と意見を出しながらデートを進めていけると、楽しさも倍増するはず……。

さらに、「どうしようか?」と最終的には男性に頼る形を取れると、男のプライドもくすぐることができるので、あなたへの好感度も確実にアップするでしょう。

おわりに

デートを楽しもうとしている姿勢を見せるのは、とても大事なことです。

いくら緊張していたとしても、大人しくしすぎてしまうと、つまらなさそうに見える場合もあるので気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)