あなたの周りにもひとりはいません?しゃべったら残念な人。

「しゃべらなかったら可愛いのに……」とか「口を開いたら美女が台無し……」とか、そう思われちゃうのってもったいないですよね。

これだと恋愛対象にもなりにくいですしね。けど逆に、フツー顔でも男子ウケするしゃべり方ができたら、好感度が上がって恋愛対象になることもあります。

そこで今回は、男子ウケするしゃべり方をご紹介します。

「しゃべったら残念…」にならないために! 男子ウケするしゃべり方

言葉遣いは丁寧に

汚い言葉遣いに好感を抱く人はほとんどいません。

男っぽい言葉遣いや乱暴な言葉は、封印したほうがいいです。

また言葉尻も大事で、語尾を伸ばしたり語尾を上げたりするのも控えて。

頭が良くなさそうに聞こえてしまいます。
(語尾を上げるというのは東北弁のようなアレではなく、若者がよく使っている故意に上げるイントネーションの方ですからね。)

だから、言葉遣いは丁寧な方がいいですよ。アナウンサー並みに丁寧にしろとは言いませんし、それはさすがに無理でしょうが、意識して丁寧な言葉を心がけた方がいいですね。

ゆっくりめに話す

しゃべるスピードも大事です。

緊張して早口になってしまう人、元から早口な人もいるでしょうが、ちょっと損しているかもしれませんね。

早口って、ビジネスの場では「頭の回転が早い人だ」というイメージを与えたりすることもあるのですが、プライベート、特に恋愛関係に持っていきたい状況での早口は逆効果だったりします。

なんか早口で話している人って、せっかちな人と思われたりするし、早口って色気も感じにくかったりしますしね。

色気を感じない女性に恋愛感情を抱く男性もそういませんから、話し方はややゆっくりめの方が異性を惹きつけやすくなります。

芸能人で言えば、壇蜜さんとかスザンヌさんとか、あれくらいのスピードがいいでしょう。

自分の話は極力しない

自分の話は極力しない

聞かれてもないのに「私は」「私は」と自分の話ばかりする人を「魅了的だな」と感じる人は、そうそういません。

最初から彼があなたに好意をもっている場合は「私は」「私は」という会話でも相手は喜びますが、初対面とか、恋愛感情をまだ抱いていない段階で、自分の話ばかりすると「自分のこと大好きなのかな?」「自己アピールいn必死だな」と思われてしまいますからね。

好感を持たれやすいのは相手に話しをさせる人です。

相手の好きな話題、得意な話題を引き出して、相槌を打ちながら楽しそうに聞く“聞き上手”な人が、同性や異性を問わずに人気があります。

芸人並のオーバーリアクションはいらない

話していてリアクションのいい相手だと、話すのも楽しいもの。ただ、オーバーリアクションはあまりよくありません。

友人関係ならいいのですが、恋愛対象としてみてほしい相手に対して、芸人並のオーバーリアクションはしなくていいですよ。

むしろ、それをしたら「明るく楽しい人だな」と好印象を持たれても、“恋愛対象”にはなりにくいですからね。

色気やしおらしさを出せる“女性らしさ”がないと、異性として魅力的だと思われません。

友人から発展し交際になることもありますが、その場合だって、可愛らしい部分があるから好きになるわけですからね。

無理に会話を盛り上げようとしてオーバーリアクションを取ってしまうと、恋愛対象として見られにくくなるので要注意です。

しゃべり方ひとつで印象が変わる

しゃべり方ひとつで印象って変わります。

恋愛対象として見られたいのなら、しゃべり方も少し気をつけて工夫した方が、女っぷりが上がりモテますからね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)