誰にだって譲れないことの一つや二つはあるもの。けれど、こだわりすぎてしまえば彼氏に引かれてしまうこともしばしば……。

そこで今回は、こだわりすぎると彼に引かれてしまうことをご紹介します。

ここまでいくと彼氏もついていけないかもしれませんよ。

部屋がキレイすぎて落ち着かない!? こだわりすぎると引かれること

部屋がキレイすぎで落ち着かない

「彼女の部屋にいつ行っても超絶キレイ。潔癖か?ってくらいキレイで正直、部屋にいても『汚しちゃいけない』って緊張感からリラックスできない」(30代・証券)

汚部屋よりもいいですが、キレイすぎるとリラックスできない人もいるよう。

潔癖レベルまでいってしまうと、同じ潔癖な男子ならいいですが、そうじゃない男子からしたらちょっと居づらいのかも。

ほどよく生活感は残した方がいいでしょうね。

SNSに異様に執着していて怖い

「俺のSNSを見ては『なんで元カノの写真を消さないの?』『なんで元カノとまだ繋がっているの?』と、気になることがあれば、なんでもすぐに突っ込んでくる。

なぜそこまでSNSにこだわるのかわからない。視点とか視野が狭すぎ」(20代・不動産)

SNSって気になってしまいますよね。でも気にしすぎるのも問題ですし、ここに目を向けてもいいことありませんからね。

SNSを監視するよりも、目の前の彼としっかり対話した方がいいですよ。

コスメや食材に強いこだわり

コスメや食材に強いこだわり

「高級志向でオーガニック志向。コスメは値段が高けりゃ効くって信じているし、食材もオーガニック以外は基本的に食べない。かなり金のかかるタイプ。

付き合う分にはいいけど、一緒に生活するとなったらかなり大変そうだから……今のところ結婚は考えていない」(30代・IT)

健康を考えてオーガニック重視の人もいるはず。

これが、どうしても譲れないのならそのこだわりを続けてもいいと思います。ただ、彼にそれを強要するのはNGですよ。

貯金が趣味で節約しすぎ

「40歳までに1,500万円貯めると決めているらしく、貯金のために日々節約に勤しんでいるが、節約のしすぎでちょっと……。

財布もバッグも靴も結構くたびれているし、食費もケチってパンとか冷凍のうどんばっかり」(20代・公務員)

散財する彼女よりもいいとは思いますが、節約しすぎてみすぼらしくなってしまうのはやりすぎ感があります。

彼としても見ていてしんどいでしょう。

節約はいいことです。でも無理やり節約すると人生の楽しみも減ってしまいますよ。

記念日当日にこだわるのが意味不明…

「記念日当日にデートしなきゃ拗ねる。俺としては、別に前後でもいいじゃんと思うんだけど、当日にこだわっている……。過去、仕事の都合でどうしてもバレンタイン当日は会えないと伝えたら、浮気を疑われるわ、拗ねるわで大変だった……」(30代・商社)

記念日の前後ではなく当日じゃないと嫌だ!というこだわりが強いと、社会人同士での交際はなかなか難しいもの……。

どうしても仕事の都合や家族・親戚の都合で当日会えないことも出てきますからね。

スルーはもちろん嫌でしょうが、前後で祝えるのならOKにして、当日会えないことは許してあげた方がいいですよ。

終わりに

誰にだってこだわりはあると思います。

でも、変に固執しすぎてしまうと引かれることも。

彼に『それはちょっとやりすぎじゃない?』と思われてしまうと、一緒の生活は難しいと思われてしまいますからね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)