年下くんとお付き合いするとなると、どうしても“年齢”で引け目を感じてしまうことはありがち。

また、「彼はまだ若いし長く続かないかも……」といった不安も出てきますよね。

そこで今回は、「年下くんと長く付き合うために気をつけるべきこと」を3つに分けてご紹介いたします。

現在、年下くんと付き合っている人も、これから付き合いたい人も、ぜひ参考にしてみて。

年下くんと長く付き合うために気をつけるべきこと

1:年齢を感じさせない努力を続ける

年下くんと付き合う上で、まず一番気になるのが年の差ですよね。

「年の差なんて関係ないよ」とか「見た目が若く見えるから大丈夫!」なんて、彼は優しいことを言ってくれるかもしれませんが、時が経てばどんどん年齢も上がっていき、見た目や雰囲気にも年齢の影響がでてくるのは仕方のないこと。

そこで、いくら年下と付き合えているからとあぐらをかくのではなく、若さを保つ努力を続けることが大事です。

外見を磨くことはもちろんのこと、仕草も結構肝心ですよ。

手の仕草や笑い方など、おばちゃんぽく見える仕草には十分気をつけて!

自分では気づかぬうちに、周りから見ると老けてみえる行動をしてしまっているかも……。

それに突然年下くんが気づいて、いきなり冷められちゃったら切ないですよね。

2:甘えるところは甘える

彼氏より年上だと、どうしても知識や経験も豊富な分、しっかりしてしまうのは当然。

色々教えてあげるなど、リードすることも年上としてはいいのですが、やりすぎてしまうとお姉さんやお母さんのような存在になってしまう心配もあるかも。

なので、甘えるところは甘えちゃってください。

ちょっとだけ甘えてみるのではなく、とことん甘えた方がいいかも。

その方が、普段絶対見せないだろう姿を自分に見せてくれて、「可愛いなぁ」と、彼はあなたをもっと“女性”として扱ってくれるはず。

3:良い意味での“教育”を

3:良い意味での“教育”を

年下くんを“良い男”に教育することで、あなた好みにもなり、彼のためにもなります。結果、彼が周りから評価されたら、彼も嬉しいですよね。

ただ「俺って教育されてる?」と、バレてしまってはNG。

もちろん、それが嬉しい子供っぽい彼ならいいのかもしれませんが、いくら年下くんでも男性のプライドがあるはずです。

なので、「やればできるじゃん」とか、「私の言うこと聞きなさい」と、命令口調や上から目線は教育っぽいのでやめておいたほうがいいかも。

あくまでも彼女という立場を忘れずに!

彼を更にさらにいい男に成長させて、仕事もプライベートも良い感じになったら、あなたのことが手放せなくなっちゃうかもしれませんよね。

「やっぱ若い子がいいわ」と言われないように……。

いくら、今はあなたのことが大好きな年下彼氏でも、後々「やっぱり若い子がいいわ」なんて言われたらショックすぎますよね!

年齢を感じさせない努力を続けつつ、年上の良さも出してうまくバランスを保ってください。そして、彼に「年上彼女って最高だわ」と思わせちゃいましょう。

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)