時代は令和。

男性が必ずしも稼いでいる、という時代ではありません。

特に相手の年齢や職業を考えたとき、同等の給料が予想されるなら、半分払ってあげてもいいかも……。

ただし、割り勘のやり方次第では、彼に恥をかかせてしまうことがあるんです。

プライドを傷つけない対応ができてこそ、真のモテ女子。

今回は、モテる割り勘提案について考えてみました。

プライドを傷つけない! 男性が喜ぶ「割り勘の提案」セリフ4つ

◯◯は私が出すね!

本音では割り勘がよくても、男のプライドで奢ろうとする男性は多いもの……。

そこで、無理に割り勘しようすると、彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。

彼がお金を出してくれた場合は、まず素直にお礼を言いましょう。

そして、「じゃあ、2軒目は私が出すね!」「このあとの映画は私が払うね!」と帳尻を合わせる割り勘提案をすると、プライドを傷つけず彼の負担を減らすことができます。

その場で割り勘でなくても、デート全体を通して割り勘になっていれば、彼も「気遣いができる自立した女性だな」と思ってくれるはずですよ。

店を出て、半分ってこれくらい?

レジ前で彼にお金を渡すのは、彼に恥をかかせてしまう行動になるので注意が必要です。

男性はかっこつけたい生きもの……。

「店員に割り勘させる男だと思われたかも……」と気にする男性って、意外と多いように思うのです。

結果的に割り勘でも、第三者には彼が支払ったように見せる対応で、男性を立てる女になりませんか?

お店を出てから「半分ってこれくらいかな?」「これ私の分ね!」とお金を渡す対応は、間違いなく好印象!

ぜひお試しくださいませ。

簡単に奢られない主義なの!

割り勘することで「低所得だと思われているのかも」「気を遣わせてしまっている……」と考える男性もいます。

そんなときには、「簡単に奢られない主義なの!」と割り勘を提案。

相手の収入を気遣った言葉ではないので、相手の男性も素直に受け入れやすいはずです。

収入が少ない男性やネガティブな男性には、このセリフがぴったりかもしれません。

誘ったから自分の分は出すよ!

誘ったから自分の分は出すよ!

誘ったのはこちらだから……と割り勘を提案するセリフも、男性のプライドを傷つけない提案方法です。

もしお金に余裕があるなら、「今日付き合ってくれたお礼に、ここは私が出すね!」と奢るようにするのも◎

「お誘いに付き合ってくれたお礼」というニュアンスがあるこのセリフ。

感謝の気持ちがあることで、彼も受け入れやすいですし、男のプライドを傷つけずに「女性がお金を出す理由」を作ることができます。

おわりに

奢られることにこだわらず、自分の分は自分で!という割り勘精神を見せる女子は、男性にとって女神のように見えることもあります。

かっこつけたい気持ちと、経済的な負担に理解を示すことで、男性は「この子を手放したくない!」と思うようになるかも?

粋な割り勘対応で、あなたの魅力を伝えてみて!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)