LINEって相手が読んだかどうかがすぐわかるのでとても便利な一方、返事が来ないことが不安になってしまいますよね。

特に好きになった相手から返事が来ないと「嫌われたんじゃないか」と気が気ではなくなるのでは?

でもLINEには男性たちが即レスしたくなるものと、返事を後回しにするものがあるようですよ。

男子が即レスしたくなる女子からのLINE

泣きそうになっているのがわかる

「文面から、『あ、今泣いてるかも』とか『泣きそうになってるんだろうな』って感じると、さすがにすぐに返事してあげなきゃって思いますね。

もちろん頻繁にだと呆れますけど。でも女の子を泣かせたまま放っておくのは男として恥ずかしいでしょ」(25歳/IT)

仕事で失敗をして落ち込んだり、友達と喧嘩をして辛くなってしまったり……。大人になっても泣きたくなることはありますよね。

そんな時には、素直に男性にLINEで頼ってみては?弱気な部分が見えるLINEには反応してくれやすいはずです。

名前を呼ばれた

「LINEで名前を呼ばれると急に距離が縮まった感じがして、返事したくなっちゃいます。

なんか自分宛なんだってことが伝わるというか。もちろん個人宛なのはわかってるんですけど、なんかもっとその場で呼ばれているような感じがして」(23歳/学生)

あまり多用するのはおすすめできませんが、一日に1回くらいは相手の名前を入れたメッセージを送ってみても良いでしょう。

名前を呼び合うことで精神的な距離が近くなったと感じられるはずです。

頼られている

「頼りにされてるなって感じるときは、早く返事書かなきゃって思うかな。困ってるとか、○○がわからないとか、どうしたら良いと思う?とか、そういうの」(33歳/警備)

男性は女性から頼りにされて悪い気がすることは少ないようです。

毎日となると問題ですが、相手の得意分野を見極めて、「○○さんなら知っていると思って」などとプライドをくすぐる言い方で相談をしてみましょう。

そうやって素直に自分を頼ってくる女性に対しては、男性は庇護欲をそそられることも多いみたいですよ。

自分の気持ちを察してくれる

自分の気持ちを察してくれる

「女性ってこっちが具体的に何かを言っていなくても、SNSとかの発言から気持ちを察して言葉をかけてくれることがあるじゃないですか。

あれには驚きますよね。で、そんな風に気にかけてくれると愛おしくて返事をすぐ書いちゃいます」(28歳/介護)

直接言葉は交わしていなくても、相手が落ち込んでいそうとか、疲れてるんじゃないかな?と気づける瞬間はたまにあるはずです。

そういうときには、ぜひ個人的にLINEで労わってあげましょう。優しさに触れた相手は、きっと心から喜んでくれますよ。

おわりに

どんなLINEが届いたら、男性たちはすぐに返事をしようと思うのか想像できたでしょうか?

相手から全然返事が来なくて不安なときなどには、使ってみると良いかもしれませんよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)