恋愛中の女性を悩ませる、既読無視。完全に無視されるのであれば諦めもつきますが、2~3回に一度くらいの頻度で返信があると、期待したくなってしまうので厄介ですよね。

今回は、たまにだけ返信をくれる男性の心理を解説。彼への思いを諦めるべきか悩んでいるという方は、参考にしてみてください。

期待を持たせるだけ持たせている、ちょっとズルいようにも感じる男性たち。

返信したりしなかったりするウラには、こんな心理があるようです……。

期待していいの?たまにだけ返信がある男性の心理と返信を増やす方法

1.めんどうくさい

たまにしか返信がない場合、残念ながら「めんどうだな…」思われているのかも。完全に無視しないのは、共通の知り合いがいて気まずいから、もしくは優しさで遠回しに脈ナシであることを伝えようとしてくれているから、だと考えられます。

この場合、短い文章で相槌やシンプルな回答だけ返ってくるのが特徴です。

2.恋愛対象として見ていない

たまにしか返信がないのは、恋愛対象ではなく、都合のいい相手だと思われているからかも。

あなたに好かれようと思っていないので、気が向いたときだけしか連絡をくれないのです。この場合、連続して返信をくれたり、話が盛り上がったりすることもあるのに、それ以外では数日間既読無視をしてくるのが特徴です。

3.忙しくて返せない

もちろん、仕事がとっても忙しく、返信をする時間や気力がないというパターンもあるでしょう。

ただ、忙しすぎる人は恋愛をする余裕がないので、なかなか進展しにくいというのも事実です。相手に時間ができるまで待ってあげるのもいいですが、その後絶対に報われるという保証もないので、慎重に判断したほうがいいかもしれません。

返信頻度を増やす方法

返信頻度を増やす方法

返信があんまりこない理由はなんとなく理解できても、でもやっぱり、返信がないのはさみしいもの……。

以下では“返信頻度を増やす方法”について考えてみました。

1.簡単な質問をする

返信がほしいのであれば、「〇〇行ったことある?」「兄弟いるの?」といった簡単に答えられる質問をしてみるといいでしょう。

ただし「〇〇についてどう思う?」など、よく考えないと答えられないような質問は、めんどうくさがられてしまうのでNGです。

2.相手が興味を持っているものの話題を振る

返信がこないのは、あなたが自分の話したいことばかり送っているからかも。相手の趣味や興味に合わせた話題を振ると、返信がくるかもしれませんよ。

「〇〇くんってEDMが好きなんだよね?オススメの曲教えて!」など、具体的なお願いをすると、相手も答えやすいはずです。

3.写真を送る

「旅行で〇〇に来てるよ!」など、写真を添えて連絡してみるのもいいかも。写真なら情報量が多いので、相手も返信する言葉を思いつきやすいでしょう。

ただし、「楽しそうだね」「誰と行ってるの?」など、あたりさわりのない返信がくる可能性は高いです。一時期的な対処法でしかないことは忘れずに。

次の恋愛を探しにいくことも考えてみて!

返信がくるようあれこれ工夫してみるのもいいですが、諦めて次の恋愛を探しにいくという選択肢も忘れずに! 

返信がこない…と悲しい思いをするよりも、自分に好意を持ってくれる相手と過ごすほうが幸せになれるはずですよ。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)