一緒にいることが多くなったり、いい雰囲気になってきていたりするのに、なかなかそこから先に進展しない。

そういった状態のときには、男性は一体どういった心境にあるものなのでしょうか。

そこで今回は、関係が「進展しない」ときの男性心理を紹介します。

どういう気持ちなの?関係が「進展しない」ときの男性心理

「失敗」をしたくない

好きな女性や付き合いたいと思っている女性に対しては、やはり男性は慎重になるもの。

「失敗したくない」という気持ちが強く働くので、簡単に手を出したり思いを伝えたりすることはできなくなるのです。

また、女性が自分に好意を持っているという、ある程度の確証のようなものが持てないと、怖くてなかなか先に進めなかったりもします。

女性は告白を待つ姿勢になりがちですが、本当にただ待っているだけではなく、「好き」だという気持ちは少しずつでも伝えておくべきですよ。

「今のままでいい」と感じている

今のふたりの関係性が居心地が良かったら、男性はその状況を無理に変えようとは思わないでしょう。

下手なことをして関係性を壊すくらいなら、「今のままでいい」という考えにだってなるのかも。

ただ、あなたへの好意や特別な思いがあるからこそ、友達以上恋人未満のような状態にもなれているはずです。

焦ってガンガン攻めすぎるのはよくないですが、恋人関係になりたいのであれば、例えば手をつないでみたりして、ときには気持ちを示して揺さぶってみることも大事でしょう。

他にも「気になる女性」がいる

なかなか関係性が進展していかないときには、男性にあなた以外にもちょっと気になっている女性がいる場合もあります。

あなたとその女性のどちらと付き合うか迷っていて、すぐには決められない状態になっていたりもするのでしょう。

こういった男性は、誰にでも手を出すような遊び人タイプではないでしょうが、優柔不断で決断力に欠ける人の可能性も大。

それでも付き合いたいのであれば、早めにアプローチを仕掛けたほうがいいですが、あなたが引っ張っていくようなタイプじゃないと、あまりうまくはいかないかもしれませんよ。

「大事」にしている

「大事」にしている

本気で好きな女性のことは、さすがに男性もとても大事に扱うものです。

好きだからこそ大切に扱いたいし、嫌われたくないからこそじっくりと少しずつ距離を縮めていこうとするのです。

また、ちゃんと時間をかけることで、「俺はそれだけ君に真剣なんだ」という思いを伝えようとしている面もあるのかも。

いつでも思いやりを持って接してくれて、あなたのことを優先して考えてくれるような男性なら、それは大きな愛情でもあるはずなので、焦らずにふたりでしっかりと信頼を築いていくと自然に交際へとも発展していくでしょう。

おわりに

それなりに確証のようなものが持てないと、男性は踏み込む勇気が出ない場合も多いです。

だからこそ、女性のほうからも好意を示すようにしないと、いつまでも曖昧な状態が続くことにもなりかねませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)