話していてもつまらなくて、特に盛り上がりもないLINEは、やり取りしているだけで苦痛に感じるもの。

いつもそんなLINEのやり取りになってしまう女性とは、男性は距離を縮めようとは思わないはずです。

そこで今回は、男が面倒に感じる「つまらないLINE」を紹介します。

早く終わらせたい…男が面倒に感じる「つまらないLINE」

いちいち「間が空く」

LINEは普通に会話をしているかのようにテンポよくメッセージを送り合うことができるのが、大きな特徴のひとつでもあります。

そのため、テンポが合わない相手だと、会話も弾みにくいですし、話しているのが苦痛に感じるようにもなるかも。

メッセージを送ったあとにポンポンと返信が来ずに、いちいち変な間を空けられると、男性は次第にイライラも募っていくものです。

すぐには返信をできないような状況にあるのなら、無理をせずに「あとでまた連絡するね」などと言って、ゆっくり話せる状態になってから会話をしたほうがいいでしょう。

返事が「ひと言のみ」

早く終わらせたい…男が面倒に感じる「つまらないLINE」

「うん」「わかった」「そうなんだ」「了解」などと、ひと言のみでの返信が多いと、会話を盛り上げることなんてできません。

自分とのLINEに乗り気ではないようにも見えるので、男性のテンションはどんどん下がっていく一方でしょう。

どう返事をすればいいのかわからない場合もあるかもしれませんが、「話を広げよう」とか「会話を楽しもう」としている姿勢は多少なりとも見せるべき。

常に自分で会話のラリーが終わるようなことにはならないようにしないと、「あの子と話しても楽しくない」と思われてしまいますよ。

「定型文」のような返信

「今日はお疲れ様でした」「また飲みに行きましょう」「お体には気をつけてください」。

そういった定型文のようなメッセージばかりが送られてくると、そこにあまり心がこめられていないように受け取ってしまうもの。

事務的で余所余所しい感じがするので、なかなか打ち解けることもできずに、楽しい会話にだってならないはず。

気遣いからの言葉だとしても、そういった堅苦しいものばかりではなく、多少は砕けた話もしていくようにすると、徐々に距離感も縮まっていくことでしょう。

いつも「特に用件がない」

女性によくありがちなのが、特にこれといった用件もないのにLINEでダラダラと長話をすること。

男性は連絡ツールとしてLINEを捉えているので、用件がない場合には「何が言いたいんだよ」という思いも強くなるものです。

特に、一日の出来事を日記のように報告するのは、男性からは最も嫌われるLINEであるので要注意。

用件がなくてもLINEを送ってもいいのですが、自分の話ばかりをするのではなく、男性の話にもちゃんと耳を傾けるようにしないと、暇つぶしかのように思われる危険性もありますよ。

おわりに

LINEは仲良くなるきっかけにもなりますが、逆に「この子とは合わないな」と思われてしまう危険性も秘めています。

常に楽しい会話をすることはできなくても、つまらなさそうに見えるような返信だけはしないように気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)