人生でモテ期が3回あると、言わたりしますよね。

本当かどうかは置いといて……。

10代20代はめちゃくちゃモテたのに、30代になってちっともモテなくなった人もいれば、10代20代は男子に見向きもされなかったのに、30代になって急にモテだす女子もるでしょう。

どうせなら、年齢を重ねても、モテたいですよね。

そこで今回は、アラサーになって、モテだす女子の特徴をご紹介します。

“焦り”はモテない原因!アラサーになってモテだす女子の特徴

純粋!経験値高めでもスレていない

歳を重ねるごとに経験も増え、スレる女子もいます。

恋愛経験が増えて男慣れしたり、下ネタにも動揺しなくなったり……。

他にも物事の先が読めたり、図々しくなったり、打算的になったりもしますよね。

そんな女子になってしまうと、純粋さを感じられず「可愛い」とは思われなくなります。

そういう相手に恋する男子って、そういません。

逆にアラサーになり、それなりに経験値が増えても、スレていない女子はやっぱり可愛らしく、モテやすいでしょう。

稀に、年上気取りというか、オトナな風を吹かそうと、達観した物言いをする女子もいますが、無理に背伸びしないほうがいいですよ。

可愛げがなくなってしまうので……。

必死に若作りするのではなくオトナの魅力を強みにする

アラサーになり、外見に自信がなくなってきたのか、必死に若作りをする女子もチラホラ……。

肌ケア・ヘアケアなどの努力は大事かもしれませんが、学生が着るようなファッションに身を包み、わざと女子高生が使うような略語などを使う若作りはNG。

モテるアラサーって、必死に若作りをしていません。

年相応の高見えファッション、キレイな言葉遣い、オトナならではの色気や心の余裕、知恵や知識、思慮深さなど、子供にはないオトナの魅力を強みにしています。

オトナの魅力を持っている女子の方が、正直イイ男を惹きよせるでしょう。

10代20代は、なんか地味で男子に振り向かれなかったのに、30代でモテだす女子は大抵、オトナの魅力を秘めていたタイプ。

男子が精神的にオトナになりはじめ、昔は見向きもしなかったその女子の魅力に、気づくパターンですね。

結婚しなきゃ!という必死さを感じない

結婚しなきゃ!という必死さを感じない

年々「結婚したい」ではなく「結婚しなきゃ!」と義務というか、何かに脅迫されているかのように、婚活を頑張る女子もいますよね。

「子供が欲しいから、早めに結婚したいの」と明確(?)な目標があるのならまだいいです。

でも、漠然とこれといった理由もなく、「親がうるさいから黙らせるために」とか「もう仕事辞めたいし」という、ちょっと不純とも取れる理由で結婚を焦るのは、男性から見ても少し怖いでしょう。

特に、結婚願望強めの女子が相手の場合、アラサー女子と付き合うって男子としても、プレッシャーなんです。

結婚願望が強くてどこか必死さが漂う女子って、余裕を感じないから魅力的に見えないですよ。

焦りは魅力を落とす原因

アラサーになり外見に自信がなくなって、必死に若作りをしたり、「もう時間がない!」と必死に婚活したり……。

どこか心の中に焦りが出てしまうと、知らず知らずのうちに、それが表情や言葉、行動にも現れます。

そうなるとやっぱり、男子からは引かれやすくなって、モテなくなりますからね。

現状に甘んじ、ダラダラするのはダメですが、焦らないようにしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)