実年齢よりも若く見られる女子もいれば、上に見られてしまう女子もいますよね?

できれば若く見られたくありませんか?

そこで今回は、実年齢よりも若く見える女子の特徴を紹介します。

実年齢よりも若く見られる子って何が違うの?若見えのコツ

潤いとハリのある髪

顔がどんなに可愛いらしくても、髪の毛がパサついていたり、痛みが激しかったりしたら、実年齢よりも上に見られてしまうでしょう。

若く見られる女子って、往々にして髪の毛がきれいで、潤っていてハリがあります。

コスメやファッションで頑張るのもいいですが、日々のヘアケアもした方がより若見えしますよ。

別にサロンにこまめに通う必要はなく、自宅で市販のトリートメントやヘアパックを定期的にするだけでも、パサつきや痛みを防げますからね。

肌がきれいで血色がいい

吹き出物があったり、乾燥していたり、血色が悪い顔というのは老けて見られやすいでしょう。

元々の体質的なものもあるかもしれませんが、偏食や寝不足など、不健康な生活のせいで肌荒れを起こし、血色が悪くなっているというのなら改善すべきです。

お高い美容液を使っても、不健康な生活では意味がないでしょう。

美肌を作るのにはバランス良い食事、軽い運動、十分な睡眠は必須ですよ。

健康的なスタイルで姿勢がいい

ガリガリor肥満体型は実年齢よりも、上に見られやすいです。

若見えを目指すのなら、健康的なスタイルをキープしましょう!

年々代謝が悪くなり、食べた分だけ太るという人もいると思います。

食べるのは大事なことなので、その分動くようにしましょう。

軽い筋トレや30分の散歩、半身浴などをするだけでも肥満防止になりますよ。

あとは、姿勢に気をつけましょう。

どんなにスタイル抜群でも、おばあちゃんのような猫背なら若々しくは感じませんからね。

明めの色でさりげなく流行を押さえた格好

明めの色でさりげなく流行を押さえた格好

肌もスタイルも大事ですが、ファッションも大事。

暗めの色で、露出ゼロの体型をカバーするようなダボっとした服は、正直おばちゃんっぽいです。

自信がないと体のラインが出る服というのは、抵抗があるでしょう。

ですが、ウエストに切り替えや、絞りがあるワンピースは逆に痩せて見えたりもするので、選び方次第。

暗めの色ばかりではなく、たまには明るめの色を選びましょう。

また、ちょっとだけ流行を取り入れた服なら、変に年上に見られることもないですよ。

無理やりな若作りは老けて見える

無理やり10代20代の子の真似をすると、逆に老けて見られたりもするので、無理のない範囲で若見えを頑張りましょう。

アラサーなら実年齢よりも、ちょっと下に見られた方が、男子も比較的寄って来やすいですからね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)