恋愛成功の秘訣として“余裕”はよく耳にするワード。

筆者自身、過去の恋愛の失敗を振り返ると、共通して余裕がなかったことを実感しています。

でも、「余裕を持つことが大切」と言われても、どうすればよいかわかりませんよね。

そこで今回は、焦らず自分らしく恋愛を楽しむために、余裕の作り方について考えていきたいと思います。

モテる女性の共通項“余裕”… でもそれってどう作るの?

人として仲良くなりたい意識を持つ

まずは、異性としてではなく“人として仲良くなりたい”という意識からから始めてみてはいかがでしょう?

最初から恋愛モードだとどうしても必死さが生まれますし、それが余裕のなさに繋がることも……。

余裕をなくしがちな方は、まずは人として仲良くなろうという意識を持ってみてください。

友達だと思うことで、余計な緊張や媚びがなくなり、結果的に余裕ある態度で接することができるはずです。

自分をよく見せようとしない

男性ウケを気にすることは大切。でも、必要以上に自分をよく見せようと頑張りすぎてしまうのは避けるべきです。

「どう見られたいか」「よく見られたい」ばかりを気にすると、自分らしさを失うことにもなりますし、必死な印象になりかねません。

モテることに必死な女性は、残念ながら男性にはモテないもの。

欠点を隠さず、それも自分だとオープンにできる人こそ余裕ある人。完璧な人よりも、完璧すぎない人のほうが、親近感や可愛げがあってモテるのです。

ひとりで楽しめることを増やす

ひとりで楽しめることを増やす

筆者は昔「恋愛の幸せこそ人生の幸せ」と思い込み、恋愛に依存していたことがあります。

いま思うと、ひとりの時間を楽しむことができていませんでした。当然ながら余裕はまったくなく、典型的な非モテ女子だったと思います。

ひとりの時間を楽しめる人は、他人に依存せず自立しています。これこそ、心に余裕がある証拠です。

筆者自身、ひとり旅に出たり趣味に没頭したり、恋愛に費やす時間が減った現在のほうが、不思議と恋愛がうまくいっているように感じています。

自分の時間を楽しめば、いろいろなことに興味を持つことで話題も増え、深みのある人間として、成長するきっかけにもなるはずです。

時間に余裕を持ってゆったり過ごす

時間に余裕がないと心の余裕もなくしてしまいます。

恋愛だけではなく仕事や人間関係……いろんな場面でイライラしがち。そうなると決して、魅力的な姿とは言えません。

時間に余裕を持ってゆったりした生活を心がければ、焦らず落ち着いて仕事にも恋愛にも臨めるはず。

余裕が持てない人は、まずは時間の使い方を見直して、時間に余裕を持った行動を意識してみて。

おわりに

焦りを感じさせない余裕がある人は、それだけで色気がありますし自信を感じさせます。

余裕がない人は、“頑張りすぎない” “自分を大切にする”。このふたつのことから、意識してみてください。

自分自身を好きになるきっかけとなり、余裕を身に付けることにつながっていくはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)