あなたには、好きな人を前にするとついやってしまうことはありますか?

たとえば、プレゼントをこまめに贈る、顔を合わせたら近づいて話をするなど。

それぞれ、恋をすると表れる言動があると思います。

では、男性の場合はどうでしょうか?

今回は、男性がめちゃくちゃ好きな女子に対して、無意識にやってしまうことをピックアップしてみました。

脈アリかどうかのチェックに、ぜひ役立ててみてくださいね。

男子が「好きすぎる女子」にだけついやってしまうこと

(1)目で追ってしまう

自分好みの女性を街なかで見かけたとき、つい相手をジッと見つめたり、目を追ってしまったりする男性は、少なくありません。

積極的な男性なら、見ているだけにとどまらず、自分から進んで話しかけに行くことも。

一方で、消極的な男性の場合、「話しかけるのが恥ずかしいから」と、好きな人を遠巻きに見ているのは、よくあること。

好きな人がいま、何をしていて、何を思っているのか。

相手を“好き”な気持ちが強い男性ほど、無意識に、つい考えてしまうのではないでしょうか。

好きな人のことを、なんでも知りたいと思うのは、恋の作用ですよね。

(2)めちゃくちゃ甘い

普段はすごく厳しい人も、怖い人も、好きな人を前にするとデレデレになったり、相手に甘く接したりすることは珍しくないでしょう。

好きな人だからこそ、優しくしたい気持ちがあるのでしょうね。

たとえば、普段はケチであまりおごらないのに、好きな人とのデートではおごってしまう。

会社では仕事の鬼なのに、好きな人の前になると、温和で子どものように幼くなってしまうとか。

周りから見れば、思わず「不公平だ!」という声が飛んできそうですが……。

好きという気持ちの強さから、とがった性格も丸く、優しくなるのでしょう。

(3)手を貸したくなる

(3)手を貸したくなる

男性は、好きな相手に対して、ついつい構いすぎてしまうことがあるようです。

わからないことがあれば熱心に教えたくなる。困っていることがあれば、相談に乗りたくなる。

そんなふうに、放っておけない傾向があります。

なんとか好きな人の力になってあげたい、少しでも頼りがいのある男性になりたいと思うのは、それだけ相手への思いが強いからではないでしょうか。

おわりに

相手の気持ちがわからないときは、こうした3つのポイントからチェックしてみてはいかがでしょうか?

たとえどんなに淡白で、顔に出ない男性も、いずれかのポイントが見られるはずですよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)