彼女のことを大切に思っていても、感情表現の苦手な男性も多いもの。

でも……もっと優しくされたいし、愛情を感じたい、と思うこともあるでしょう。

そこで今回は、愛情表現の薄い彼に優しくしてもらう方法をご提案。彼に不満をぶつける前に、できることを試してみみましょう!

愛情表現が薄い彼…気持ちを確かめたいときは、これを試してみて!

彼氏のペースを理解する

冷たく感じるとしても、彼はもともとクール(もしくはシャイ)なだけかもしれません。

また、ちょっと不機嫌なときや落ち込んでいるときに話を聞いてほしい男性もいますが、そっとひとりにしておいてほしい男性も多いもの。

彼に優しくしてもらう前段階として、まずは彼の心のペースを理解してあげましょう。

冷めているように見えても、それが彼の一番楽なテンションなのかもしれません。

肯定してくれたら喜ぶ

本当に喜んでいるのか楽しんでいるのか、不安になる反応をされることはありませんか?

そんなときには彼の反応を疑うのではなく、こちらから質問して彼が肯定したら、こっちから大きめに喜んでみる!という方法がおすすめです。

たとえば、手料理を「おいしい?」と聞いて、「うん」と肯定してもらえたら、「やったー!」と喜んであげるなど。

普段からクールな彼であれば、肯定してくれた時点で、それは彼の愛情表現かも。

「おいしいよ~!俺幸せ!」くらいの意味があると捉えてみてはいかがでしょう?

「いいよ」「うん」「わかった」という肯定があれば、すべて大げさに喜んでみてください。

そのうち、彼のほうから、笑顔を見せてくれるかもしれません。

スマイルをリクエストする

スマイルをリクエストする

「ねぇ~、笑って!」とリクエストして、笑ってくれたら「ありがとう!」と言う。

ただ単に笑顔をリクエストするというストレートな方法ですが、意外に効果あります。

なにか嬉しいことがあったからというより、なにげないときにリクエストするのがおすすめ。

もちろん、しつこすぎないようには気をつけておきましょう。彼の機嫌がいいときを狙ってリクエストしてみてください。

ニッコリ笑ってくれるなら、愛されてる証拠。そのうち彼の笑顔も増えてくるかもしれません。

「○○の日」を作って楽しみにする

ふたりで一緒に楽しみにできる「○○の日」を作ってみるのはいかがでしょうか?

たとえば、一緒にゲームをする日、彼の好きな料理を作ってあげる日、ふたりが好きなあの店に行く日、などなど。

その日を楽しみにして、「○日は○○の日だから、楽しみだね!」と、自然に笑顔になる会話につなげてみるのはいかがでしょう?

一見、彼はいつも通りのクールな反応かもしれません。

でも、その日のために準備をしてくれたり、しっかり時間を確保してくれていたりするなら…。

それは、あなたと過ごす時間を大切にしてくれている証拠と言えるはずです。

おわりに

愛情表現が薄いと感じる彼は、ある意味、一時の感情に流されたり、自分の心に秘めたものに対して一途なのかもしれません。

であれば、わずかに思える愛情表現であったとしても、揺るぎない愛を見逃さないよう注意しておきたいところ。

ちょっとしたきっかけ提供で、愛情表現を増やしてもらいましょう。

(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)

(愛カツ編集部)