「結婚願望がない」男性って、一定数いますよね。

好きな男性がこのタイプだと女性は不安になり、特に交際中は「このまま付き合っていていいのかな」と悩むでしょう。

でも「結婚願望がない」発言をする人は、実は、「本当に結婚願望がない」タイプと、「そこまで結婚にこだわっていない(むしろ興味津々の裏返し)」タイプにわけられます。

前者の彼を落とすのは難しいですが、後者はわりとすんなり結婚に持ち込めることも……。

そこで今回は、「『結婚願望がない』と口では言いながら、『実は落としやすい!』男性のタイプ」をご紹介します。

「結婚願望がない」と言っておきながら、実は落としやすい男性のタイプ

1、家事が苦手

家事が完璧で、ルーティーンが得意な「キレイ好き男子」っていますよね。

このタイプはひとりでもやっていけるので、「結婚願望がない」はわりと本気度高め。

もしくは、自分以上にスキルがある「完璧女子」を求める傾向にあります。

一方、仕事熱心で家事をやる暇がない、もしくはそもそも家事が苦手……というタイプは、女性が少し家事をやってあげるだけで「この子すごい!」と感動してくれるでしょう。

キレイ好きな男性よりも落としやすく、家事にも高いレベルを求めないので、結婚生活もしやすそうです。

2、周囲が落ち着きはじめた

周囲が落ち着きだした年代も、結婚の可能性が高くなるでしょう。

仕事に余裕がうまれ、時間を持て余すようになると、将来や老後についても考えはじめ、ふと「結婚」の二文字が頭をよぎることも……。

「結婚願望はない」と言っていた独身仲間が、バタバタと結婚するなど、周囲に影響され、「俺もそろそろ身を固めようかな……」と、早めのゴールインになりやすいみたいです。

こう考えると、タイミングってかなり重要。

婚活中の女性は、ルックスや相性だけじゃなく、男性の置かれている状況を知るのも大切です。

3、女性に求める条件が少ない

3、女性に求める条件が少ない

「好きになった子がタイプ」と言うような、細かな理想がない人も、落としやすいと思います。

「かわいらしい子が好き」など、やんわりしたものであれば「結婚願望がない」と言われても、彼の趣味に寄せていくことで落とせる可能性がありますよ。

逆に「○○で○○な人が好き」など、やたら中身にこだわるタイプは、面倒くさいかもしれません。

長く交際していても、ちょっとしたことで急に幻滅するなど厄介でしょう。

おわりに

「結婚願望がない」という彼に合わせていると、女性側が損しがち……。

もし破局後に、彼がスピード婚でもしたら、それこそ納得がいきませんよね。

だからこそ、男性を見極めつつも、自分の意志は明確に伝えるべき!

彼の本心やタイミングによっては、案外あっさりとゴールインできるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)