彼氏を作る第一段階として、好印象を残すのは大切ですよね。

でも、男女ともにウケが悪く、気付いたら恋愛対象から除外されてしまう場合も……。

そこで今回は「無意識に“敵を作ってしまう女子”の特徴」についてご紹介します。

なぜか無意識に「敵を作ってしまう女子」の特徴って?

1.トゲのある一言

「話の流れで『○○ちゃんって本当何もできないよね~(笑)』と友達をけなす子がいた。
みんな笑っていたけれど、悪意あるなと思いました」(32歳/商社)

サバサバ姉御肌を演じたつもりが、ただ当たりが強い女子になっているパターン。

最初は味方だった人も、ひとり、またひとりと去っていってしまうかも……。

自分ではバレていないつもりでも、案外、男性にはイヤな感じが伝わっているもの。内心「うわ、あの子コワ!」と思われるので要注意!

2.ベラベラと自分の話ばかりする

「とにかく自分語りが止まらない子。
『私もそういうことあった~!』からはじまり、10代の話まで持ち出してくる。
もう『話しかけなきゃ良かった』って思いますよね」(22歳/大学生)

悪気がないのはわかるのですが、相手に話す隙を与えないほどのマシンガントークは困っちゃいます。だんだん声も大きくなるので、周囲からも注目されて恥ずかしいですよね。

「あの子とはあまり関わらないほうがいいよ」と噂が流れ、気づいたらひとりぼっちになってしまうかも……!

つい喋りすぎてしまう人は、少しでもいいので「相手の話も聞こう!」と意識してみてください。

ゆっくり話すのを心掛ければ、相手も会話に入りやすいですよ。

3.勝手な自己完結

3、勝手な自己完結

「とある子から『最近悩みがあって……』とLINEが来ていた。
そのため『どうしたの?』と送ったのですが、数時間後に『もう大丈夫です!』と返信が。
意味わかんないけれど、これ以上関わると面倒くさそう。
力になりたかったけれど、もういいやって思いました」(29歳/営業)

人の善意を踏みにじる結果になるこの行為。

男性も「向こうから振ってきたくせに、何なの?」とイライラするでしょう。

自己完結されたモヤモヤと、都合の良い男扱いされたことのダブルで腹が立ってしまいます。

おわりに

無意識な言動でも「この子、ワザとやっているんじゃないか?」と思われる場合が多々あります。

そうすると勝手に敵と判断され、彼も冷たい態度になりかねません。ここから好意を持ってもらうのは、至難の業でしょう……。

彼だけじゃなく、友達や職場仲間、SNSなど周囲への態度も意外と見られています。

人間関係を構築する上でも、思いやりを持って仲間に接するのは大切ですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)