彼から告白されたのに、なぜかすぐ振られる……。そんな恋愛パターンの経験していませんか?

恋が始まる理由は人それぞれですが、男性が恋人に「この子とはもう終わりでいいや」と思う理由は、ざっくり3つに分けられます。

それさえ避ければ、好きな人から突然の別れを告げられるリスクは激減するかも!

そこで今回は、「告白されたのに振られる『残念ガール』の特徴」をまとめました。

ざっくり3つ!男性が「今の彼女と別れよう」と思うポイント

彼女に飽きた

男性は「追わなくても手に入った状態だ」と思うと、彼女に飽きてしまう傾向があります。

たとえば、先約をドタキャンするまでして彼とデートしたり、旅行のプランを一人で考えたりなど。

一方的に尽くしすぎてしまい、彼が「頑張る必要がなくなった」と感じでしまうのかも。

最初は、彼女からの愛情に満足するが、次第に慣れてしまって、飽きるようです。

飽きるだけでは別れにつながりませんが、魅力的な女子が現れると、一気に「別れたいモード」に……。

浮気というより「ほかの女子の新鮮さに惹かれた」状態なので、その女子とうまく行かなくても、気持ちが戻るわけではないようです。

解決策:何事も「しすぎ」はダメ

尽くす、束縛する、べったり一緒にいる……。チラ見せ程度なら「こんな面もあるんだな」と新鮮に思われるようです。

NGなのは、「しすぎる」こと。

彼女から必要以上の愛情に慣れてしまうと、「もう追わなくても安心」と思わせて逆効果になってしまうかも。

恋人になる前に比べて、遠慮や気配りのバランス感覚をなくしていないか、振り返るのがいいですね。

「人としてどうなの?」と幻滅した

彼の恋人だからといって、自分の考えをむりじいしていませんか?

休日は一緒にいることを義務にしたり、プレゼントの金額さで愛を測ったりなどと、時間やお金を過剰に使わせる。

はたまた、してもいない彼の浮気を疑って、LINEを見せるようお願いしたり……。

恋愛以前に「人としてどうなの?」と思わせるのは、そのまま、彼女への激しい幻滅につながる可能性が高いです。

解決策:自信がないからといって、彼を試さない

上記の例の多くは、「彼に愛されている自信がないこと」が原因かも。

私のわがままに応じるなら愛があるはず。好きなら休みは一緒にいたいはず。彼氏ならばプライベートも共有できるはず……。

そういった行動は、ある意味、すべて彼を試しているもの。自分を試す女性を、大切にしたいと思わせるのは難しいでしょう。

自信を持って彼を愛したほうが、良い関係を築くことができるものですよ。

彼女が「人生の邪魔になる」と感じた

彼が望んでいないのに強く結婚を迫ったり、親に無理やり紹介して「このまま流されていたら結婚せざるを得なくなる」と思わせたりする行動は危険かも。

また、キャリアアップのための勉強や、仕事が忙しい彼に「会えないなら別れる」「仕事と私どっちが大切?」と迫り、ケンカが絶えないなど。

「この子は俺の人生の邪魔をする」と感じたとき、別れを選ぶ男性は多いそうです。

解決策:男性は「自分の意志で行動したい」と知る

ざっくり3つ!男性が「今の彼女と別れよう」と思うポイント

男性は、何事も「無理矢理させられる」のが苦手だと感じる傾向があります。

「こうしたい」と考えていても、「彼女が仕向けている」と思ったとたんに、「やっぱりナシ」と方向転換してしまう人さえいます。

強い態度で意思を通そうとすると、「コイツは邪魔」と思われるかもしれないので、彼が自分でそうしたくなるにはどうするか?と観察眼を磨いていきましょう

突き詰めれば「自分がない女はヤバい」

過剰な一面を見せる、試す行動、結婚の強制など、自信のなさが発端の行動が、恋愛の終わりになることが多いですね……。

彼のことを考える時間の半分以上を、自分に目を向けてみると、むしろ、いい結果になるかもしれません!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)