何気なくしたボディタッチは、男性の心をドキっとさせることは、珍しくありません。

いっぽうで、限度を超えたボディタッチは、男性からウザがられる要因になってしまうケースも……。

そこで今回は、男性目線で見た「嬉しいボディタッチ」と「ウザいボディタッチ」の境界線についてご紹介します。

「ねぇねぇ」と言いながら…

「ねぇねぇ」と言いながら、おねだりするように肩へポンと手を置かれると、胸キュンする男性も多いようです。

「飲み会とかでボディタッチしてくる女性って、実は苦手なんですよね。でも、会話の途中で『ねぇねぇ、これってさ……』と言いながら、

自分のほうを向かせようと肩をトントンしてくるのは大アリ!」(27歳男性/美容師)

会話の流れで、肩にふれるのは、比較的ハードルの低いボディタッチなはず。

無意識のうちにやってしまっている人も、多いのではないでしょうか。

自然な流れで「ねぇねぇ」言って、自分のほうを向かせるように、肩をトントンするのが、男性を喜ばせるコツですよ。

「一緒に行こうよ!」と言いながら…

無邪気な雰囲気が漂うボディタッチは大歓迎!そんな意見も、男性からちらほら聞こえてきます。

「会社の同期6人と、2人1組で忘年会の景品を買い出すことになったんです。ペアになった女の子は、話したことがなかったのに、『一緒に探しに行こう!』と腕を掴まれたときには衝撃が走りました。

ふいなボディタッチと、ちょっぴり強引な彼女に僕の心がグラグラと揺れ動いたのは言うまでもありません」(25歳男性/SE)

「思わぬボディタッチ×ほんの少しの強引さ」の組み合わせは、男性の心に響きやすいもの。

目当ての男性とデートのチャンスが巡ってきたときには、「あっちに行ってみよう♡」などと言いながら、腕を軽くつかんでみるのもオススメです!

首から上に触るのは…

頬や頭など、首から上に触れられるのを嫌がる男性は多いよう。飲み会のときなど、うっかりタッチしてしまわないよう、注意しておきましょう。

「お酒が入ると、ベタベタ触ってくる女性っていますよね。手とか肩ぐらいなら『酔っぱらってるし仕方ないか』と思えるんですが、頭をなでてきたりほっぺたに触れてきたりされるのはウザイかも。

ちょっと上から目線で見られてるような印象も受けるので、女性は気をつけたほうがいいと思います」(29歳男性/営業)

首から上は、人から触れられることに対してもっとも警戒心を抱いてしまうエリア。

恋人関係へと発展していない人に対しては、お酒が入るような席でも、触れないようにしましょう。

ボディタッチされるのは苦手じゃないと公言している男性であっても、首から上に触れられると、嫌悪感を抱くケースがあるので気をつけてくださいね。

節度をわきまえて

ボディタッチはうまく使えれば、これ以上ない恋愛攻略の武器となります。

でも、節度をわきまえないと、男性から引かれてしまう可能性も。

恋のチャンスを逃さないためにも、男性が喜ぶか、ウザがるボディタッチの境界線をしっかり研究しておきましょうね。

(愛カツ編集部)