仮に理想の人に出会えたとしても、その人と相性がいいとは限りませんよね。

理想の人と付き合えても、いろんなことが噛み合わないと関係は続きませんから……。

そこで今回は、「理想だったけど合わなかった人」の体験談から、一緒にいて心地よい「本当に合う人」はどんな人なのかを見ていきましょう。

お互いのペース

「ちゃんと付き合いたいけど、彼はたまに連絡を取って会えるのがいいと思っている」
「週一デートしたいけど、彼は月一でいいって言う」

……など「理想の関係」と現実にかなり差があると、うまくいかないことが多いですよね。

譲歩できるくらいのズレならいいですが、そうではないなら長続きはなかなか難しいかもしれません。

長続きする恋がしたいのなら、恋愛における理想が似ている相手のほうがいいでしょう。

「好き」の度合い

二人のあいだで「好き」の気持ちのバランスが取れていないと、関係はあまりうまくいかないことが多いですよね。
大体は、「好き」が大きいほうが重くなってしまって別れにつながるパターンでしょう。

相手への気持ちの大きさが、あまりにも違うと続きにくいはず。
どんなに相手が好きでも、受け取れないほどの愛情を注ぐのは、関係を壊すきっかけになりやすいですよね。

関係を続けたいのなら相手の愛情を見つつ、できればあなたのほうが、彼よりちょっと冷静でいるくらいが長続きするでしょう。

愛されるより愛したい男性も多いので、少し冷静に恋を楽しみましょう!

「彼だけしか見えない」状態になると、苦労することも多くなりますから。

価値観と生活スタイル

価値観と生活スタイルも大切ですね。

「彼は毎週末朝まで友人と飲み歩いているのに、それに比べて私は家から出ることもない……」
「私は欲しいものがあったら、高いものでも、しっかりお金を貯めてから買うタイプ。
でも、彼はすぐに散財する……毎週末飲みに行くし、後輩からお金を借りたりもしてるみたい」

そういう違いって「好き」だけじゃ乗り越えられないことが多いでしょう。

仮に、顔やスタイル・性格があなたの理想通りの彼でも、価値観や生活スタイルが大きく違うと、交際がうまくいかない可能性が高いです。

元からの性格や育った環境で、ある程度凝り固まって、譲歩しにくいもの。

あなたの中でどうしても「わからない」考え方なら、なおさら長続きは難しくなるかもしれません。

理想の人よりも自分に会う人

「理想の人」と付き合えても、必ずハッピーになれるわけではありません。

いざ付き合ってみたら、『あれ?すごく付き合いにくい』と思うことも珍しくありません。

長続きする恋愛がしたいなら、理想の人を探すよりも自分に合う人を探すのがいいと思います。

少し交際までに時間をかけ、徐々に相手を知ってから付き合うと「すぐに破局」なんてこともなくなりますよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)