彼への不満が溜まってくると、ついつい感情的になって怒ってしまいたくなりますよね。

しかし、それが原因で大きな喧嘩になって、結局破局してしまうことも……。

言わないと不満は溜まっていくばかりですが、言い方に気を付けないと、別れの原因になってしまいます。

どんなふうに彼に伝えると、喧嘩にならずにおさまるのでしょうか。

「俺の方こそごめん」喧嘩せずに上手に不満を伝える方法

伝えたことをメモしておく

具体的なテクニックとしては、伝えたいことをメモしておく。

どうしても、彼に不満を伝えようとすると、感情的になったり、ストレスをぶつけてしまったりします。

それを避けるために、まずは伝えたいことをメモしてみましょう。

そうすることで、不満に感じている彼の言動とそれに対してどう感じているか、どう変化してもらいたいかが明確になってきます。

伝えるときはメモを見ながら言うことも大事で、感情を交えずに冷静に伝えることができます。

彼の意見も尊重する

不満を伝えるときに「何事も否定から入る部分って、どうにかならないの?うんざりなんだけど」とか「時間を守れないなんて人間として最低だよ」と彼の人格を否定するような伝え方はNG。

できれば、「優しい部分があるのは知ってるんだけど、だからこそ私の意見を否定されるばっかりなのは辛いの」など、彼のことを認めている発言をすると、受け入れてもらいやすくなります。

もし「お前だって〇〇じゃん」とあなたの不満を彼が口にし始めても、「分かった、それについては気をつけるから、あなたも気をつけてみて」と彼の意見も尊重するようにしましょう。

文章で伝えるのもアリ

大切なことは直接会って伝えたほうがいいと、考える人もいるかもしれませんね。

しかし、文章で伝えた方が感情的にならずに済むこともあり、口論に発展して「もう別れる!」と溝を深めてしまう心配もありません。

その場合はできるだけ、感情的にならないように伝えたい内容を先に作り、読み直して整理してから送信しましょう。

文章で伝えることで、受け取った方も冷静なままで返信しやすいはずです。

決断は彼に決めさせる

決断は彼に決めさせる

最後は、彼に決断を任せてしまいましょう。

これは、BYAF法といわれる説得術の1つ。

「But you are free」と文末につける話術で、その頭文字をとって「BYAF」法と言われています。

日本語にすると「あなたの自由だよ」ということ。

「私はこうしてもらいたいと思っているけど、強制はできないから、どうするかはあなたが決めて」と言った感じです。

この話術を使うことで、相手から「イエス」を引き出しやすくなるだけではなく、彼は自分で下した決断を守ろうとするでしょう。

我慢するよりも伝えたほうが未来につながる!

基本的に、不満を伝える意味は大きく分けて2つあります。

1つは彼に変わってもらうこと。

もう1つはあなたのメンタルを安定させること。

長年かけてついてしまった癖は本人が自覚していないこともあるので、あなたが伝えないでいるとそのことに気が付かないかもしれません。

また、我慢し続けているとストレスが溜まるので、彼と付き合っていくのが辛くなってしまいます。

そのため、できるだけ彼に対する不満は伝えた方がいいといえるでしょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)