交際期間が長くなってくると、自然と結婚を意識しますよね。

でも、男性がなかなか結婚を決意してくれないということもあります。

結婚についてストレートに聞くのは勇気がないけれど、結婚を催促したい気持ちはある、という女性も多いはず。

そこで、男性にプレッシャーを与えすぎないアピールの仕方をご紹介します。

自然とアピール?交際歴が長いカップルが“結婚を決意した”催促

気軽な感じで両親に会わせる

彼女の実家に挨拶に行くことが気がかりで、結婚を先延ばしにしてしまっている男性もいます。

早い段階から両親に会わせておき、顔なじみになってもらうといいかもしれません。

「自分の場合は、付き合い始めた当初から向こうの両親とは仲良くさせてもらっていたので、両親と会うことが結婚の壁にはならなかったです。

彼女が実家暮らしだったこともあって、向こうの家に遊びに行くと、『お、来たな』って感じでお父さんの将棋の相手をさせられていました」(Tさん・29歳男性/会社員)

男性が気構えすぎず、気軽に会いやすい雰囲気を作っておくのもテクニックです。

友人に「結婚したら?」と言われる

「友人から『お前ら、もう結婚したら?』って言われてその気になったっていうのはあります。俺の友達からも言われましたし、彼女の友達からも言われて、いいタイミングなのかなって思いました」(Eさん・32歳男性/公務員)

友人から「結婚したら?」と言われると、自然と結婚を意識するように。ポイントは、たくさんの友達から言われること。

「二人はお似合いだよね」とか「楽しそうな夫婦生活が想像できる」など、結婚に対するいいイメージを言ってもらうのも効果的です。

彼の友人が結婚の話をする

彼の友人が結婚の話をする

「彼女の友人が結婚したって聞いたときは、それほど実感が湧かなかったんですけど、自分の友達が結婚しだして、そろそろかもなって思いました」(Yさん・31歳男性/会社員)

彼女の友達の結婚は他人ごとでも、自分の友人が結婚しはじめると、結婚を身近に感じるようです。

友人の結婚式に出席して、「結婚もいいな」と実感するというのもよくある話。

彼に結婚を意識してもらいたいなら、自分の友人の結婚話ではなく、彼の友人の結婚話を振ってみるといいかもしれません。

「そう言えば、あの二人結婚したんだって?」など、会話の中にさりげなくはさんでみましょう。

占いをダシに使う

「占いってあんまり信じていなかったんですけど、彼女に『来年は私達、良い運気なんだって。

こういうときに結婚するといい流れに乗れるらしいよ』って言われて、具体的に考え始めました」(Iさん・33歳男性/会社員)

占いを信じていなかったとしても、縁起を担ぎたくなってしまいますよね。

「来年から3年間は新しいスタートを切るには向かない年だから、なにかを始めるなら今年中がいいみたい」など、時期を限定する発言も効果的。

ストレートに言ってみるのも手!

彼がなかなか結婚を決断してくれないと、つい催促したくなってしまいますよね。

自然なアピールでも気がつかない鈍感な彼氏なら、思い切ってストレートに言ってみるのも手です。

もし「結婚はまだいいかな」という答えが返ってくるようなら、別の男性を探したほうが得策かもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)