“強い女性”と聞くと、気が強くて男性から敬遠されがちなイメージがあるかもしれません。

でも“自立していて男性に媚びない女性”は同性から人気がありますし、実は男性からもモテています。

“非モテになってしまう強い女性”と“モテる強い女性”は、いったい何が違うのでしょうか。その違いをリサーチしてみました。

強い女性は実はモテる?愛される女子と非モテ女子の違いとは?

前向きでポジティブ

「気が強い女性って、他人の意見を聞かなかったり、人の意見をすぐに否定したりする。でも、仕事でミスをしても前向きでへこたれない芯の強い女性は、好感がもてます」(Rさん・28歳男性/会社員)

モテる強い女性に共通するのは、“何か問題が発生した時でも、前向きに取り組むことができる芯の強さ”です。

壁にぶつかったときに「どうにかなる」と切り替える前向きさがあるか。

「どうしたら今の状況を変えられるか」と考えられるポジティブさがあるか。

どんな状況でもひたむきに頑張っている人は、周りの人が自然と応援しているはず。

“モテる強い女性”たちは、それを力に変えてさらに頑張っていると言えます。

言いたいことを伝える

「言いたいことを言うってことを勘違いしている人が多い。例えば『その服ダッサ!』って言うのと『大人っぽい雰囲気の服を着た方が似合うと思う』と言うのとでは、全然違うでしょ。

言いたいことを、相手のことを考えて言ってあげるのが大人だと思います」(Wさん・30歳男性/会社員)

「言いたいことを言うと相手を傷つけるから我慢する」という考えは、カップルにおいてマイナスに働いてしまうこともあります。

言いたいことがあるなら、伝えないと関係は改善していきません。

ポイントは、どうやって伝えるか。

“事実”と“気持ち”、“してもらいたいこと”をきちんと分けて、相手が受け入れやすいように伝えることが大切ですよ。

感情に流されない

感情に流されない

「昔付き合っていた女性は、何かあるとすぐに感情的になって勝ち負けにこだわる人でした。それだと何も解決しない。話し合いをしっかりできる人は、自立した女性だなと思います」(Rさん・29歳男性/公務員)

付き合うなかで、何か問題が起こり関係がギクシャクするのはよくあること。

そんなとき“感情的にならず話し合いができるかどうか”が、モテる女性とモテない女性の分かれ目のようです。

職場やバイト先でも同じですね。誰かが足を引っ張ってくるようなことがあったときに冷静に対応できれば、周りの人の見る目も変わってきます。

ケンカになりそうな時は、すぐに感情的にならないよう、まずは深呼吸しましょう。

深呼吸の数だけ、恋のチャンスが増えるかもしれませんよ。

つらい経験を乗り越えた過去がある

「つらい経験をしたからこそ、相手の気持ちが分かるってことあると思います。そういう女性は魅力的ですよね。思いやりがあるし、雰囲気が柔らかい人も多いように感じます」(Tさん・32歳男性/会社員)

辛い経験を乗り越えたことで、人間的に成長することってありますよね。

それは失恋かもしれませんし、家庭環境かもしれません。

そうした経験をすることで、忍耐力がつき、人の痛みが分かるようになり、本人が持っている魅力が強化され、魅力的な女性に成長するのでしょう。

そう考えると、辛い経験も、人としての成長を促してくれる大切なエッセンスですね。

非モテの強い女性とは?

どうやら、気が強くても“ポジティブ”で“相手のことを考え行動できる”女性は、男性にとって魅力的なようです。

逆にいうと、感情的な発言が多い、相手のことを思いやれない女性は、“非モテ”になる可能性大。

気が強いという自覚のある人は、一度自分自身を振り返ってみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)