誰だって、初デートは楽しみですよね。

しかしその反面、「どんなふうに過ごせばいいの?」「失敗しそうな気がする」と、不安を感じる人も少なくありません。

その不安が現実となり、1回のデートで進展がないまま終わってしまうのは、あまりにも悲しいですよね。

そこで今回は、デート初心者さんにこそ知っておいてほしい、次につなげるコツをお伝えしていきます。

デート初心者必見! 次のデートにつなげるための必須項目

事前に「緊張+楽しみ」メール

デートは、待ち合わせ前から始まっているもの。

お互いに少なからず「どうしよう」「楽しめるかな」という不安を感じているはずです。

だからこそ、デートの前日には、「明日楽しみだね!ちょっと緊張する(笑)」といった連絡を彼にしておきましょう。

前もって相手に緊張を伝えておくことは、悪いことではありませんし、それだけ「あなたを大切に思っている」ということを示すことができます。

そして、素直に楽しみな気持ちも、伝えておきましょう。

あなたの純粋な気持ちがダイレクトに伝わることで、彼のテンションを上げる効果が期待できそうです。

「楽しみだけど緊張する」という本音を伝えておけば、お互いリラックスしてデートに臨めるでしょう。

早めの到着+満面の笑み

待ち合わせ場所に、早めに到着しておくこともポイント。

「それだけ楽しみにしている」という気持ちの表れでもあるので、男性は嬉しく感じます。

それにプラスして、彼が来たら今日1番の笑顔を見せることを、意識してみましょう。

満面の笑みで彼を迎えることができれば、気の利いた言葉がでなくても、顔の表情で会えて嬉しい気持ちを伝えることができますよ。

それは、彼の自尊心を満たすことにつながり、自分の好感度を上げる結果になります。

待ち合わせには遅刻しないよう、時間前行動を意識しましょうね。

必須ワード「あ・う・た・お!」

デート中、話そうと思えば思うほど、話す内容に困ることも多いはず……。

そんなときは、無理に話題を振らなくても大丈夫。

「ありがとう」「嬉しい」「楽しい」「おいしい」という4つの言葉を意識してみてください。

女性に感謝される、楽しんでもらえる、これだけで男性は安心しますし、自信を持つことができます。

「今日楽しい!」「これおいしいね!」などと笑顔で伝えるだけで、「この子とデートするのが楽しい」と思ってもらえるでしょう。

「また来たい」を3回伝える

「また来たい」を3回伝える

次のデートにつなげようとすることは大切ですが、必死さを見せるのはNG。

そういう態度は重たいと思われがちなので、あまりガツガツ押さないこと。

ただ、「また一緒に来たい」と言われるのは、男性にとって嬉しいことでもあります。

1度だと社交辞令に見える可能性もあるので、「また来たいな!」と3回言えるように頑張ってみましょう。

彼に聞こえるか聞こえないかくらいの小さめの声で、さりげなくひとりごとのようにつぶやくと◎。

必死な印象を与えることなく、彼に届きます。

おわりに

デートの行動を少し変えるだけで、次回のデートにつながる可能性大。

今回紹介した4つの項目は、印象アップだけではなくリラックス効果もあります。

リラックスしてデートを楽しむのも、次につなげる大切な秘訣。

気負う必要はないので、笑顔で彼との時間を楽しめるように頑張ってくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)