「彼氏」としては大好きだし一緒にいて楽しいけれど、「結婚」を意識するとなんだか小さな違和感がある……。

これは無視できるものでしょうか……それとも結婚の障害になるもの?

今回は「別れ」と「継続」を判断するためのチェック項目を、いくつかご紹介します。

今あなたが抱いている違和感について検討してみてください。

いまの彼と結婚したいけど……彼氏と別れるor続ける診断

親に話せないなにかがある

たとえば、彼の生い立ちや過去の経歴、仕事の内容や借金など……。

あなたは受け入れていても、親に言いにくい「なにか」がある場合は、よく考えたほうがいいでしょう。

その「なにか」は、バレたときに大問題に発展する可能性があります。

どうしても親には言えない場合は、墓場まで持って行くか、親と縁を切るかの覚悟まで必要かもしれません。

気になるけど聞けないことがある

聞いても彼が答えられない内容というのではなく、気になっているのにどうしても「聞けない」というのは、あなたの中の「警戒音」が鳴っている証拠。

それを知ってしまうと、怖いことが起きそうな予感がしているなんて、彼にはとんでもない「地雷」があると考えたほうが良さそうです。

ふたりの子どもについて話さない

「子ども」についての話題が不自然なほどに出ない、はぐらかされてしまうという場合は、彼の将来設計の中に「子ども」がいないと考えてよさそうです。

「結婚」や「家庭」を意識すれば「子ども」の話題も自然と出るはず……。

とくにあなたが出産適齢期であるアラサーならなおさらでしょう。

もしあなたが子どもを望んでいるのなら、無視できないポイントです。

家事分担はすべて私+不満あり

「家事」は多少の得意・不得意はあってもだれでも「やれる」ことです。

でも、そもそも「自分がやらなければ」という意識がない人は、結婚してもやりません。

もし今あなたが家事分担をすべて担っていて、あなたが不満に思っているのなら、彼と結婚後もその不満を持ち続けることになりますよ。

デートの後一人になるとホッとする

デートの後一人になるとホッとする

一人になってホッとするということは、彼といっしょにいるときには、少し無理をしているサインかもしれません。

結婚すると家に居る間、彼はいつも近くにいます。

あなたがひとりになれる時間はほとんどない……ということを想像してみた方が良さそうですよ。

金銭面での不安がある

彼にお金がなくても、それをあなたが気にしていないならOK。

ただし、お金の使い方や節約の度合い、貯金に対する考えなど、お金に対する姿勢への不安があるなら、その不安は結婚すると一生つきまといます。

おわりに

今回紹介する項目がひとつふたつあったからといって、即座に結婚生活が破綻するわけではありません。

ただ「火種」となる可能性はおおいにあります。

あまりにも「火種」を抱えすぎると、当然炎上する可能性も高くなるでしょう。

もし3つ以上当てはまるのなら、彼との結婚を再考したほうがいいのかも……?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)